Reuters logo
日本株見通し:底堅い展開か、買い一巡後はウクライナの大統領選を見極め
2014年7月11日 / 02:25 / 3年前

日本株見通し:底堅い展開か、買い一巡後はウクライナの大統領選を見極め


*08:03JST 日本株見通し:底堅い展開か、買い一巡後はウクライナの大統領選を見極め

23日の東京市場は底堅い展開になりそうだ。22日の米国市場はダウ、ナスダックともに上昇。中国製造業PMIの上振れのほか、小売企業の予想を上回る決算が相次いだことが好感された。シカゴ日経225先物清算値は大阪比80円高の14390円だった。円相場は1ドル101円75銭辺りでの推移と、若干円安に振れていることも材料視されそうだ。

もっとも、日経平均は300円近い上昇をみせた反動から利益確定の売りも出やすいとみられる。また、先物主導の上昇であり、ボトム形成からの新規買いというよりも、売り方の買い戻しが優勢だったとみられる。日経平均は25日線を一気に回復しており、ショートカバーが一巡となれば、同水準でいったんは値固め的な調整も入りやすいところだ。

また、米国の上昇については中国製造業PMIの部分は織り込まれており、想定内の上昇であろう。一方で、週末にはウクライナの大統領選を控えていることもあり、地政学リスクなどもくすぶることになる。物色については売り込まれていた中小型株などの一角に短期資金が集中しやすいだろう。

なお、ソフトバンク9984は22日の上昇で直近に空けたマド下限までのリバウンドをみせている。しかし、日経平均が25日線をクリアする半面、ソフトバンクは25日線とのマイナス乖離が5%となる。戻りに鈍さが意識されてくるようだと、リバウンドをみせつつある中小型株の戻りにも影響しそうだ。


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below