Reuters logo
日経平均後場寄り付き&為替概況:日経平均は56円高、ソフトバンクなどが堅調
2014年7月14日 / 13:02 / 3年後

日経平均後場寄り付き&為替概況:日経平均は56円高、ソフトバンクなどが堅調


*13:00JST 日経平均後場寄り付き&為替概況:日経平均は56円高、ソフトバンクなどが堅調

【日経平均は56円高、ソフトバンクなどが堅調】

12時59分現在の日経平均株価は、15220.17円(前日比+56.13円)で推移。日経平均は前引け値とほぼ変わらずの水準から始まっている。ランチタイムの225先物は15210-15220円でのもみ合いが続いている。昼のバスケットは売り買いトントンとの観測。円相場は1ドル=101円36銭辺りでの横ばい推移になっている。前場段階で日経平均をけん引していたソフトバンク9984は引き続き100円を超える上昇。

セクターでは電力・ガス、情報・通信、精密機器、ゴム製品などが堅調。一方、その他金融、不動産などの弱さが目立つ。売買代金上位では、ソフトバンク9984のほか、芦森工3526、トヨタ自7203、ミクシィ2121、沖電線5815、鳥貴族3193、NTT9432、東特線5807、ホンダ7267、第一生命8750、コロプラ3668などが堅調。一方、アイフル8515、菊池製作所3444、ファーストリテ9983などが軟調。

【ドル・円は101円37銭付近、日銀金融政策決定会合への思惑などで動意に乏しい】

ドル・円は101円37銭付近で推移。ドル・円は、日銀金融政策決定会合への思惑、地政学的リスクや欧州金融危機懸念などから動意に乏しい展開。ユーロ・ドルは、1.3598ドルから1.3603ドルで推移。ウクライナ紛争への警戒感、欧州金融危機懸念から上げ渋る展開。ユーロ・円は、137円85銭から137円92銭で推移。

12時59分時点のドル・円は101円37銭、ユーロ・円は137円90銭、ポンド・円は173円48銭、豪ドル・円は95円25銭付近で推移。上海総合指数は、2054.83(前日比+0.38%)で前引け。


《KO》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below