Reuters logo
米株式:「4-6月期企業決算とイエレンFRB議長議会証言控えて動意薄か」
2014年7月14日 / 18:13 / 3年前

米株式:「4-6月期企業決算とイエレンFRB議長議会証言控えて動意薄か」


*18:13JST 米株式:「4-6月期企業決算とイエレンFRB議長議会証言控えて動意薄か」
14日のニューヨーク株式市場は、4-6月期の企業決算や15-16日のイエレンFRB議長の議会証言を控えて動意に乏しい展開が予想される。

今週から4-6月期決算が本格化する。金融ではシティグループが予定されており、その後も、JPモルガン・チェース(15日)、ゴールドマン・サックス(15日)、USバンコープ(16日)、バンク・オブ・アメリカ(16日)、モルガン・スタンレー(17日)などの決算発表が予定されている。シティグループは金融危機時の住宅ローン債券による損失などに関して、司法省と約70億ドルで和解間近と報じられており、関心が集まりそうである。
アク抜け的な動きを見せてくるかが注目されよう。

東京市場の強い値動きのほか、ロンドンなども上昇しては決まっており、この流れを引き継ぐ展開が期待される。もっとも、15、16日にはイエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長が上院銀行委員会、下院金融委員会で半期に一度の議会証言を行う。16日には米地区連銀経済報告(ベージュブック)が公表される。利上げのタイミング等に関心が集まるなか、FRB議長証言を見極めたいとのムードもあって大きなトレンドは期待しづらいだろう。



《MY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below