Reuters logo
日本株見通し:ウエアラブル端末や自動運転などのテーマ株へ
2014年10月7日 / 08:27 / 3年前

日本株見通し:ウエアラブル端末や自動運転などのテーマ株へ


*08:26JST 日本株見通し:ウエアラブル端末や自動運転などのテーマ株へ

7日の東京市場は、やや売り優勢の相場展開になりそうだ。6日のNY市場は反落となった。先週末にNYダウは200ドル超の上昇をみせたこともあり、利益確定の売りに押された格好。ただ、シカゴ日経225先物清算値は大阪比160円安の15780円と、NYダウの17ドル安に対して下げがきつい。円相場は1ドル108円80銭辺りと円高に振れるなか、インデックス売りから幅広い銘柄に売りが先行することになろう。

6日の日経平均は大幅反発をみせて25日線を捉えていたが、同線が上値抵抗線として意識される格好になりそうだ。一目均衡表では転換線のほか基準線も抵抗線として意識されてくる可能性があるほか、遅行スパンの下方転換シグナル発生も警戒されやすく、模様眺めムードの強い相場展開に。

また、日銀の金融政策決定会合の結果が発表されるが、現状維持がコンセンサスであり、サプライズは期待しづらい。とは言え、足元で調整含みの相場環境の中では、コンセンサスながらも現状維持となれば、先物主導で売り仕掛け的な商いも出やすいと考えられる。指値状況の薄い中を、インデックスに絡んだ売買に振らされやすい需給状況であろう。

物色の流れとしては、個人主体による低位材料株や中小型株などでの短期的な値幅取り狙いの商いが中心になると考えられる。そのほか、国内最大の家電・IT(情報技術)の国際見本市「CEATEC(シーテック)ジャパン」が開幕する。ウエアラブル端末や自動運転といったテーマ物色に向かう可能性もありそうだ。


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below