Reuters logo
後場に注目すべき3つのポイント~トヨタなど主力の大型株主導の展開に
2014年10月7日 / 12:21 / 3年前

後場に注目すべき3つのポイント~トヨタなど主力の大型株主導の展開に


*12:18JST 後場に注目すべき3つのポイント~トヨタなど主力の大型株主導の展開に

7日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・緩和メリットセクターへのカバー狙いか
・ドル・円は109円13銭付近、黒田日銀総裁の円安容認発言で堅調推移
・トヨタ7203やソフトバンク9984など主力の大型株主導の展開

■緩和メリットセクターへのカバー狙いか

日経平均は小幅に続伸。6.36円高の15897.31円(出来高概算9億9000万株)で前場の取引を終えている。6日の米国市場の下げやシカゴ先物の弱い値動き、為替市場では1ドル108円台後半と円高に振れていたこともあり、幅広い銘柄に売りが先行した。これにより寄り付き直後には一時15790.13円と15800円を下回る局面をみせている。

ただ、売り一巡後は、じりじりと下げ幅を縮める展開に。日銀が2%物価目標「2年」で達成の修正を検討、との報道を受けて追加緩和期待が高まったほか、日銀の黒田総裁が参院予算委員会で、円安は全体としてプラスとの見解を示したことにより、円相場は109円台を回復。この流れを受けて日経平均も切り返しをみせ、一時15900円を回復していた。

東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が900を超えており、過半数を占めている。規模別指数では大型、中型、小型株指数ともに上昇しており、大型株指数の強さが目立つ。セクターでは、保険、電力ガス、不動産、水産農林、陸運、情報通信などが堅調。

黒田総裁が参院予算委員会で、円安は全体としてプラスとの見解を示した。これがきっかけとなり、円相場は朝方の108円80銭レベルから、109円20銭近辺まで円安に振れている。日銀が2%物価目標「2年」で達成の修正を検討、との報道も伝えられるなか、追加緩和政策への期待感につながっている。セクターをみても、保険が上昇率トップなほか、足元で弱い値動きをみせていた不動産も上昇するなど、緩和メリットが上位となっている。

結果的には決定会合の結果のほか、黒田総裁の会見内容を見極める必要がありそうだが、現状維持がコンセンサスな中で、サプライズ緩和も意識させよう。足元の調整でショートポジションが積み上がりやすい需給状況でもあり、直近で売り込まれていた緩和メリットセクターへは、カバーが入りやすそうだ。また、インデックスに絡んだ商いが中心になりやすく、大型株主導に。個人主体の中小型株は、選別色が強まろう。

■ドル・円は109円13銭付近、黒田日銀総裁の円安容認発言で堅調推移

ドル・円は109円13銭付近で推移。ドル・円は、黒田日銀総裁の円安容認発言「円安の影響は、経済全体として問題が生じていることは無い」で堅調推移。ユーロ・ドルは、1.2606ドルから1.2660ドルで推移。ウクライナ情勢への警戒感から上げ渋る展開。ユーロ・円は、137円54銭から137円70銭で推移。

12時17分時点のドル・円は109円13銭、ユーロ・円は137円70銭、ポンド・円は175円05銭、豪ドル・円は95円51銭付近で推移している。

■後場のチェック銘柄

・日経平均はプラス圏に切り返す展開、ドル・円の円安傾向が支援材料に
・トヨタ7203やソフトバンク9984など主力の大型株主導の展開
・後場は日銀会合結果を見極め、引き続き大型株の動向を注視

☆後場の注目スケジュール☆

<国内>

14:00 8月景気動向指数(予想:先行指数:104.00、一致指数:108.6)
15:30 黒田日銀総裁、記者会見

<海外>

15:00 独・8月鉱工業生産(前月比予想:-1.5%、7月:+1.9%)
16:15 スイス・9月消費者物価指数(前年比予想:0.0%、8月:+0.1%)


《KO》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below