Reuters logo
IPO相場、特に明日の4社のパフォーマンスは重要【クロージング】
2014年12月10日 / 16:42 / 3年後

IPO相場、特に明日の4社のパフォーマンスは重要【クロージング】


*16:39JST IPO相場、特に明日の4社のパフォーマンスは重要【クロージング】

10日の日経平均は大幅続落となり、400.80円安の17412.58円(出来高概算25億4000万株)で取引を終えた。中国の景気減速懸念などを受けた欧米市場の下落の影響から幅広い銘柄が売り先行で始まった。円相場が1ドル119円台半ばで推移していることも、利益確定の売りにつながっている。

寄り付き直後には下げ渋る動きもみられたが続かず、その後下げ幅を拡大。上海市場が不安定な動きをみせるなか、先物主導売りを浴びると、これが裁定解消売りといった形で幅広い現物株へ売りが広がった。

セクターではゴム製品、輸送用機器が3%超の下落。円安や原油安を背景に買われていたこともあり、円安一服、原油相場の反発受けて、利益確定の流れが強まった。特に相場をけん引していたトヨタ7203が3%の下落となったことも、幅広い銘柄への利食いに向かわせた。

一方、中小型株の一角は底堅い値動きをみせている、マザーズ指数が上昇したほか、ジャスダック平均は小幅な下げにとどまっていた。SQ週の水曜日は荒れるとのアノマリー通りの動きだったが、明日以降も主力処は手掛けづらい状況が続きそうである。

なお、明日はGMO TECH6026、ビーロット3452、スノーピーク7816、弁護士ドットコム6027の4社が上場する。足元で換金売り等によってトレンドを崩している銘柄等は、換金売りが一巡することにより、見直しの流れが意識される。IPOが好調となれば、潤った資金が再び調整をみせていた中小型株に還流することにもなろう。年末に向けてのIPOラッシュとなるなか、特に明日の4社のパフォーマンスは重要である。


《KO》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below