Reuters logo
リバランスの動き中心で過熱への警戒不要か【クロージング】
2015年5月26日 / 07:55 / 2年前

リバランスの動き中心で過熱への警戒不要か【クロージング】


*16:52JST リバランスの動き中心で過熱への警戒不要か【クロージング】

26日の日経平均は8日続伸。23.71円高の20437.48円(出来高概算19億1000万株)で取引を終えた。一時20473.85円まで上げ幅を拡大させており、連日で15年ぶりの高値水準を更新している。25日の米国市場がメモリアルデーの祝日で休場となり、商いは膨らみづらい需給状況であったが、出遅れているセクターへの物色が強まったほか、指数インパクトの大きいファーストリテ9983、東エレク8035、日東電6988、京セラ6971などが日経平均をけん引している。_NEW_LINE__
セクターでは鉄鋼、空運、パルプ紙、石油石炭、海運、倉庫運輸、鉱業などが堅調。一方で、証券、その他金融、銀行、サービス、医薬品、機械などが利益確定の流れに。東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1000を超えており、全体の過半数を占めている。

日経平均は8営業日続伸となり、短期的な過熱警戒感が高まってきている。ただし、中身をみると出遅れ感のある銘柄やセクターなどへ向かう一方で、これまで強かったセクターなどには利益確定が優勢となるなど、リバランスの動きが中心のようだった。中小型株などは利益確定の売りが目立っており、過度な期待感からの物色はなく、冷静な値動きであろう。

また、為替市場では円相場が1ドル122円台半ばまで円安が進んできている。ギリシャの債務危機やスペインの政治情勢など外部環境は不透明ではあるが、円安を受けて業績期待が強まる可能性がある。足元で利食いが続いていた自動車株などへの再評価も意識されそうだ。



《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below