Reuters logo
NY株式:ダウは190ドル安、良好な経済指標を受け早期利上げ観測強まる
2015年5月26日 / 21:44 / 2年前

NY株式:ダウは190ドル安、良好な経済指標を受け早期利上げ観測強まる


*06:35JST NY株式:ダウは190ドル安、良好な経済指標を受け早期利上げ観測強まる
26日の米国株式相場は下落。ダウ平均は190.48ドル安の18041.54、ナスダックは56.61ポイント安の5032.75で取引を終了した。朝方発表された4月耐久財受注額で、設備投資の先行指標となる非国防資本財受注が前月から上昇したほか、4月新築住宅販売件数が市場予想をやや上回ったことで、早期利上げ警戒感が強まった。為替相場でドル高が進行したほか、NY原油先物相場が一時4%弱下落し、株式相場も終日軟調推移となった。セクター別では、メディアを除いて全面安となっており、特にテクノロジー・ハード・機器やエネルギーの下落が目立った。

ケーブルテレビ(CATV)のチャーター・コミュニケーションズ(CHTR)は、タイム・ワーナー・ケーブル(TWC)を約550億ドルで買収する方針であることが報じられ共に上昇。一方で、原油相場の下落を受け、エクソン・モービル(XOM)やシェブロン(CVX)などエネルギー関連企業が軟調推移。旅行予約サイトのプライスライン(PCLN)は中国の同業シートリップ(CTRP)への2.5億に及ぶ追加出資が嫌気され、共に下落。クラウド型顧客管理ソフトのセールスフォース・ドットコム(CRM)は、一部ハイテク企業から特許侵害の申し立てを受けたことが明らかとなり、売られた。

27日から29日にかけて、主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議が開催され、ギリシャ問題や金融緩和策で生じうるリスクに対処する手段が協議される見通し。

Horiko Capital Management LLC


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below