Reuters logo
内需主導での相場が継続するか【クロージング】
2015年6月11日 / 07:31 / 2年前

内需主導での相場が継続するか【クロージング】


*16:26JST 内需主導での相場が継続するか【クロージング】

11日の日経平均は大幅に反発。336.61円高の20382.97円(出来高概算21億1000万株)で取引を終えた。ギリシャ情勢に対する楽観的な見方を受けた欧米株式市場の上昇や円高・ドル安方向に振れた円相場が1ドル123円前半に押し戻されていることが安心感につながった。

大阪225先物は通常取引で20440円まで上昇、ファーストリテ9983が本日の高値で取引を終えている。明日の先物オプション特別清算指数算出(メジャーSQ)を前に、リバウンドが強まったことで、ヘッジに伴うインデックス売買なども入っているようである。

陸運が上昇率トップと、円高に振れた影響から内需系に資金が向かった可能性があるが、その後のインデックスに絡んだ売買で輸出関連等も物色されており、結果的には全面高商状であった。東証1部の大型株主導ではあったが、マザーズなども強いことから、個人主体の資金も幅広く入ったようである。

また、昨日動意をみせていたバイオ株だが、利食いが先行していたものの、PD4587の上方修正を受けた急伸をきっかけに再度物色されており、資金回転が利いたようである。明日はメジャーSQ通過でフットワークが軽くなるため、週末要因から手掛けづらさはあろうが、相場全体のリバウンドが持続するかが注目されそうだ。また、内需主導での上昇となれば、2月の時のような上昇相場が意識されやすい。_NEW_LINE__


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below