Reuters logo
個別銘柄戦略:決算銘柄の個別物色が引き続き中心に
2016年8月4日 / 00:07 / 1年前

個別銘柄戦略:決算銘柄の個別物色が引き続き中心に


*09:00JST 個別銘柄戦略:決算銘柄の個別物色が引き続き中心に


CMEは小動きも、欧州金融株の上昇、原油相場の反発などを映して、もみ合いスタート後は堅調な展開も想定される。全般的には銀行株やエネルギー・資源関連株などが中心となろうが、基本的には決算銘柄の個別物色が中心となりそうだ。昨日の決算では、スズキ、ダイセル、太陽誘電などがポジティブと捉えられよう。一方、クボタ、オリンパス、ANAなどはネガティブな見方が想定される。安倍再改造内閣発足、働き方改革は年度内に案などとされているが、規制緩和まで踏み込んでいくイメージは現状描けず、関連銘柄などへの物色は限定的と見られる。投資判断変更の動きは少ないが、三菱商事には格上げが観測されている。

《KS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below