Reuters logo
欧米為替見通し:ドル・円の下落は限定的か、英中銀の政策発表を注視
2016年8月4日 / 08:36 / 1年前

欧米為替見通し:ドル・円の下落は限定的か、英中銀の政策発表を注視


*17:33JST 欧米為替見通し:ドル・円の下落は限定的か、英中銀の政策発表を注視


今日の欧米外為市場では、ドル・円は英中銀の金融緩和を受けたポンド売りをきっかけに短期的な下落が見込まれるものの、限定的な下げにとどまろう。米利上げ観測は後退しているが、前日同様、原油価格や株価の上昇によってドルの下値(円の上値)が支えられる展開を想定したい。

今晩の取引では、英中銀が金融政策委員会(MPC)最終日で利下げを決定するかどうか注目される。前回7月13-14日のMPCでは利下げを見送ったが、今回は政策金利を0.50%から0.25%に引き下げると予想される。その場合、ポンドは短期的に対ドルや対円での売りに振れる見通し。ただ、利下げはある程度織り込み済みのため、それだけで大幅安となる展開は想定しにくい。同時に公表される議事要旨や四半期物価報告から、欧州連合(EU)離脱の影響についてそれほど悲観的な見解が示されなければ、ポンドに買い戻しの動きが広がる可能性もある。

ドル・円については、英中銀の利下げ決定を受けたポンド・円の下落をきっかけにドル売り・円買いに振れる展開が予想される。ただ、前日の米国市場では、7月ISM非製造業景況指数が前回と予想をいずれも下回り、連邦準備制度理事会(FRB)による利上げ観測は一段と後退したが、ドル・円の売りは目立たず。米ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)が節目の40ドルを回復したことや米国株が反発したことがその要因とみられ、今晩も原油高、株高が続けば、ドル・円は下支えされよう。


【今日の欧米市場の予定】
・17:00 欧州中央銀行(ECB)経済報告
・19:15 カプラン米ダラス連銀総裁講演(上海)
・20:00 英中銀金融政策委員会が金融政策発表(政策金利0.25%引き下げ予想)
・20:00 英中銀金融政策委員会の議事要旨
・20:00 英中銀・四半期物価報告
・21:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:26.5万件、前回:26.6万件)
・23:00 米・6月製造業受注(前月比予想:-1.9%、5月:-1.0%)
・23:00 米・6月耐久財受注改定値(予想:-4.0、速報値:-4.0)




《WA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below