Reuters logo
指数インパクトの大きい銘柄に資金が集中【クロージング】
2016年8月17日 / 07:26 / 1年前

指数インパクトの大きい銘柄に資金が集中【クロージング】


*16:23JST 指数インパクトの大きい銘柄に資金が集中【クロージング】
17日の日経平均は反発。149.13円高の16745.64円(出来高概算17億5000万株)で取引を終えた。16日の米国市場は、ダドリーNY連銀総裁の発言を受けて利上げ観測が高まり、NYダウ、ナスダックともに下落。シカゴ日経225先物清算値は大阪比40円安の16560円だった。僅かに続落で始まった日経平均だったが、前日に1ドル99円台をつけていた円相場が1ドル100円台を回復するなど、円高が一服していたことから、その後は上昇に転じている。

指数インパクトの大きい値がさの一角が指数をけん引するなか、午後に入ると円相場が1ドル101円台に乗せてきており、日経平均は上げ幅を拡大させている。もっとも、インデックスに絡んだ商いが中心であり、東証1部の騰落銘柄は高安まちまち、規模別指数は大型、中型が上昇する半面、小型株指数は終日マイナス圏での推移だった。

一先ず円相場が落ち着きをみせていることもあり、日経平均は自律反発をみせている。前日の大幅な下げで25日線レベルまで下げていたこともあり、リバウンドが意識される水準でもある。とはいえ、指数インパクトの大きい銘柄に資金が集中しており、日銀のETF買い入れに対する思惑から、歪な状況ではある。

ボリンジャーバンドでは+1σと中心値(25日)とのレンジ内での推移。MACDはシグナルとの乖離をさらに縮小してきており、陰転シグナル発生が意識されてきている。価格帯別出来高では商いの膨れている16600-16800円のレンジ内での推移。ボリンジャーバンドでは煮詰まり感が台頭してきており、転換点を迎えそうである。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below