Reuters logo
今日の為替市場ポイント:日米金利差拡大の思惑強まり、ドル堅調地合いは続く見込み
2016年8月28日 / 23:06 / 1年前

今日の為替市場ポイント:日米金利差拡大の思惑強まり、ドル堅調地合いは続く見込み


*08:02JST 今日の為替市場ポイント:日米金利差拡大の思惑強まり、ドル堅調地合いは続く見込み

26日のドル・円相場は、東京市場では100円39銭から100円59銭で推移。欧米市場でドルは100円06銭まで下げた後に101円94銭まで上昇し、101円84銭で取引を終えた。

本日29日のドル・円は、102円前後で推移か。米早期利上げ観測が台頭しており、日本銀行による9月追加緩和への期待もあることから、ドルは底堅い動きを続ける見込み。

多くの市場関係者が注目していたイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の講演が26日に行われた。講演では「利上げへの論拠が強まってきた」との見解が示された。同日には、メスター米クリーブランド連銀総裁が「金利を引き上げ始めるのは理にかなう」、また、ロックハート米アトランタ連銀総裁は「今年2回の利上げは想定可能」との見解を表明しており、9月20-21日に開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げを決定する可能性が浮上した。

ただし、イエレン議長は利上げを行う時期について具体的に述べていない。「FRBが目標とする最大雇用と物価安定に米経済は近づいている」と指摘しているものの、物価については2%の目標水準を下回る状態が続いている。

このため、市場関係者の間では「9月に利上げを行う可能性はあるものの、今年については12月の1回だけにとどまる可能性が高い」との見方が少なくないようだ。9月2日に発表される8月米雇用統計で非農業部門雇用者数や平均時給の伸びや市場予想を下回った場合、9月利上げに対する市場の期待は再び後退し、ドル売りが強まるとみられる。



《WA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below