Reuters logo
個別銘柄戦略:自動車など輸出関連やテーマ物色の動き注目
2016年8月31日 / 00:12 / 1年後

個別銘柄戦略:自動車など輸出関連やテーマ物色の動き注目


*09:05JST 個別銘柄戦略:自動車など輸出関連やテーマ物色の動き注目


為替の円安をストレートに好感する動きが先行しよう。ただ、その後は引き続き資金流入が限定的となり、様子見ムードが広がる可能性がある。雇用統計通過、レーバーデー明けで、来週以降は市場の方向感が生じてくる可能性も高く、現段階で積極的なポジションを取りに行く動きは限定的となりそうだ。全般的には自動車株を中心とした輸出関連株が優位の展開となろう。一部で新規カバレッジの動きが観測されている食品セクターのリバウンドなどにも注目。一方、商品市況の下落で資源関連株などは上値が重くなりそうだ。物色テーマとしては有機EL関連、製造装置のほか部材メーカーなどにも資金の矛先が向かおう。アップルの製品発表会を控えていることも思惑につながる公算。また、ZMPフォーラムが開催される。自動運転関連などにも関心が向かう余地はあろう。

《KS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below