Reuters logo
個別銘柄戦略:【カジノ、バイオ、VR、フィンテック】に関心
2016年9月26日 / 00:07 / 1年前

個別銘柄戦略:【カジノ、バイオ、VR、フィンテック】に関心


*09:02JST 個別銘柄戦略:【カジノ、バイオ、VR、フィンテック】に関心

原油安の流れを受けてやや利食い優勢の展開になりそうだ。米大統領選で民主・共和党候補の第1回討論会が行われるが、円高に振れやすいと考えられ、自動車株は手掛けづらいであろう。ハイテク株については、米アップルの下落が嫌気されそうだ。一方で、日銀のETFの銘柄別の買入限度の見直しにより、10月以降はTOPIX型への資金流入が意識されることから、金融セクターへの押し目買い意欲は強まりそうだ。また、臨時国会が召集されるなか、政策期待が高まる可能性がある。先週末は「統合型リゾート(IR)整備推進法案」(カジノ法案)の関連銘柄が人気化しており、物色の持続が期待される。さらに、ノーベル賞の自然科学3賞の受賞者が10月3日から順次、発表される。先週末にはシンバイオ製薬4582が関連銘柄としてストップ高をつけていたが、バイオ関連には思惑的な資金が向かいやすいだろう。

また24日からソニーの「PS VR」の予約が再開された。ゲームショウ2016においてVRゲームは話題性から関心が高まっていたこともあり、VR関連への物色が再燃することになりそうだ。その他、仮想通貨の取引所「コインチェック」を運営するレジュプレスは、新電力事業者と組み、ビットコインで電気代を払えるサービスを年内に始めると報じられている。ビットコインによる国内初の公共料金収納サービスとなり、フィンテック関連への刺激材料になりそうだ。



《WA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below