Reuters logo
個別銘柄戦略:ニッケル関連や三菱商事など資源株の一角に注目
2016年9月28日 / 00:12 / 1年前

個別銘柄戦略:ニッケル関連や三菱商事など資源株の一角に注目


*09:09JST 個別銘柄戦略:ニッケル関連や三菱商事など資源株の一角に注目


配当権利落ち分は日経平均で120円程度とみられている。一方、前日の株価上昇をけん引した配当権利落ちの再投資の買いが本日の寄り付き段階で流入するとみられている。寄り付き後は、需給要因の一巡をマイナス視して、軟調な動きが想定されるところ。日銀のETF買い入れは見込まれるが、後場からはより軟化する可能性が高い。OPEC非公式会合が本日予定されていることも全体相場の警戒要因とされてこよう。資源関連ではニッケルに注目。フィリピンで相当数の鉱山が環境問題から操業停止となっているもよう。ニッケルは先行きの需給逼迫による市況上昇が期待され、関連銘柄にとってはポジティブに作用しそうだ。また、三菱商事には投資判断格上げの動きなども観測されている。昨日の決算では、東宝やディップ、ニトリHDなどが好決算を発表している。総じて好調な内容であるが、好業績は十分に織り込まれており、出尽し感の強まりなどは警戒されるところ。

《KS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below