Reuters logo
原油減産合意なら評価大きいが、中小型株物色の流れ継続か【クロージング】
2016年9月28日 / 08:07 / 1年前

原油減産合意なら評価大きいが、中小型株物色の流れ継続か【クロージング】


*17:02JST 原油減産合意なら評価大きいが、中小型株物色の流れ継続か【クロージング】
28日の日経平均は大幅に反落。218.53円安の16465.40円(出来高概算16億4000万株)で取引を終えている。米国市場ではNYダウが3日ぶりに反発となるも、シカゴ日経225先物清算値は16465円と冴えない展開となり、円相場は1ドル100円40銭辺りと前日の水準からは若干円高に振れて推移。中間期末配当の落ち分が120円程度の下落影響にもなるなか、売り先行で始まった。その後も保険や銀行、証券といった金融セクターの弱さが目立つなか、じりじりと下げ幅を広げ、一時16385.03円と16400円を下回る局面もみられた。午後は日銀のETF買入れへの思惑から下げ渋りをみせるも、午後の日中値幅は65円程度と狭いレンジでのこう着が続いた。

東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1200を上回っており、全体の6割を占めている。規模別指数では大型、中型、小型株指数いずれも2ケタの下落。セクターでは、証券、保険、銀行が3%超の下落となったほか、その他金融、海運、輸送用機器、石油石炭、陸運、倉庫運輸が冴えない。一方で、水産農林、ゴム製品、食料品が小幅ながら上昇。

日経平均は配当落ちの影響があったとはいえ、弱い動きとなり、一目均衡表の雲上限を割り込むなど、シグナルは悪化傾向にある。参加者が限られるなかではリバウンドも早そうだが、メガバンクなど金融株が不安定な値動きをみせるなかでは、シグナル好転は期待しづらいところである。

また、本日は石油輸出国機構(OPEC)とロシアのエネルギー相による非公式会合の行方に市場の関心が集まっている。それ程期待はなさそうだが、合意となれば8年ぶりとなるため、市場は相当評価してくる可能性がある。また、米国市場ではイエレンFRB議長のほか、FRB高官による講演が多数予定されている。利上げ時期に言及することが予想されるなか、為替動向を睨みながらの相場展開になりそうだ。そのなかでは、個人主体による中小型株が中心になりやすいだろう。都議会や来週からのシーテック、ノーベル賞、国慶節を手掛かりとしたテーマ株の一角にも短期資金が向かいやすいとみておきたい。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below