Reuters logo
原油安に歯止めかかれば株高・円安基調への転換も【クロージング】
2016年9月29日 / 07:36 / 1年前

原油安に歯止めかかれば株高・円安基調への転換も【クロージング】


*16:34JST 原油安に歯止めかかれば株高・円安基調への転換も【クロージング】
29日の日経平均は反発。228.31円高の16693.71円(出来高概算17億6000万株)で取引を終えた。注目されていた石油輸出国機構(OPEC)の非公式会合では、原油生産量を制限することで合意。事実上の減産合意となったことが好感され、鉱業や石油石炭など、エネルギー関連セクターを中心に買いが先行した。また、円相場が1ドル101円60銭辺りと円安に振れて推移したこと等も安心感につながり、日経平均の上げ幅は一時300円に迫る局面もみられている。

東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1370と全体の7割弱を占めていた。セクターでは鉱業が5%を超える上昇となったほか、鉄鋼、石油石炭、非鉄金属、証券、その他金融、機械、卸売、金属製品、海運が堅調。半面、空運、水産農林、陸運、医薬品、保険等、内需・ディフェンシブセクターを中心に利食い優勢だった。

日経平均は前日の調整部分を吸収し、再び一目均衡表の雲を上放れてきている。原油減産の合意が好感された格好だが、原油安に歯止めがかかることで株高・円安基調への転換が期待されてくる。ただし、OPECは11月30日にウィーンの本部で開く総会で詳細を詰め、正式に生産調整に踏み切る方針である。それまでに反対の動きも出てくる可能性もありそうなため、持続性を見極める必要がありそうだ。

また、米国では前日に続いて、FRB高官による講演が多く予定されている。利上げ時期に関する発言等が為替相場の変動要因になるため、こちらも見極めたいところ。明日は9月期末となり、月末のドレッシングへの期待から、底堅さが意識されやすいだろう。とはいえ、機関投資家は積極的には動けないため、指値状況の薄いところを、先物主導によるインデックス売買に振らされやすいだろう。

その他、ノーベル賞やシーテック、国慶節といった、来週以降のイベント等を手掛かりとした個人主体による中小型株物色も意識されやすいだろう。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below