Reuters logo
欧米為替見通し:ポンド安に警戒も、ドル・円の下値は堅い
2016年10月3日 / 09:06 / 1年前

欧米為替見通し:ポンド安に警戒も、ドル・円の下値は堅い


*18:03JST 欧米為替見通し:ポンド安に警戒も、ドル・円の下値は堅い

今日の欧米市場では、ドル・円は下値の堅い展開となりそうだ。欧州連合(EU)離脱交渉の開始に伴い英国経済への懸念が再燃し、ポンド安がリスク回避の円買いを誘発する可能性はあろう。ただ、ドル・円は今週以降の重要イベントを控え、下値を攻めづらくなっており、下落局面でも底堅い値動きを想定したい。

英国は6月の国民投票を受けEUからの離脱に関する正式交渉を来年3月までに開始することになり、改めて英国の実体経済への影響が懸念されている。週明け東京市場ではポンドがドルや円など主要通貨に対して弱含んだ。本日17時半発表の英・9月製造業PMIが予想に沿って低下であればポンド一段安も見込まれる。

9月30日に発表された英国の4-6月期国内総生産(GDP)確定値は改定値から上方修正されたが、「6月の国民投票を受けた英国経済への影響は、これから顕在化する」(市場筋)との声が聞かれる。今夕にポンドが売り込まれる展開となれば、リスク回避の円買いが強まりやすく、他の主要通貨の値動きにも波及しそうだ。

ただ、ドル・円に関しては100-102円のボックス相場が続き、下落局面となっても下値は堅いとみられる。今週から来週にかけては20カ国財務相・中銀総裁会議(6日)のほか、米9月雇用統計(7日)、米大統領選候補者TV討論会(9日)など注目イベントが相次ぎ、「動きたくても動けない状況が続く」(別の市場筋)ためだ。なお、今晩23時発表の米国の9月ISM製造業景況指数は50.3と予想され、50台を回復すると見込まれており、ドルの下支えになる可能性はある。


【今日の欧米市場の予定】
・17:00 ユーロ圏・9月マークイット製造業PMI改定値(予想:52.6、速報値:52.6)
・17:30 英・9月マークイット製造業PMI(予想:52.1、8月:53.3)
・22:45 米・9月マークイット製造業PMI改定値(予想:51.4、速報値:51.4)
・23:00 米・9月ISM製造業景況指数(予想:50.3、8月:49.4)
・23:00 米・8月建設支出(前月比予想:+0.3%、7月:0.0%)



《WA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below