Reuters logo
10時30分時点の日経平均は前日比148.02円高、マザーズではブランジスタ、チェンジが大幅高
2016年10月6日 / 01:37 / 1年前

10時30分時点の日経平均は前日比148.02円高、マザーズではブランジスタ、チェンジが大幅高


*10:33JST 10時30分時点の日経平均は前日比148.02円高、マザーズではブランジスタ、チェンジが大幅高
10時30分時点の日経平均は前日比148.02円高の16967.26円で推移している。ここまでの高値は10時28分の16971.28円、安値は9時01分の16909.11円。上下の値幅は61円と引続きレンジは狭い。東証一部の売買代金は7000億円弱と商いはさほど盛り上がっていない。日経平均が心理的な節目17000円に接近していることで上値は重くなっている。円安ドル高を材料に売買活発を期待する声も聞かれたが、今のところ前日をやや上回る程度。一方、マザーズ市場は、物色が活発化しており売買代金は既に550億円。3日連続で売買代金1000億円台に乗せそうな状況にある。

全市場の売買代金上位銘柄では、トヨタ自7203、三菱UFJ8306、三井住友8316、ブランジスタ6176、小野薬4528、富士通6702、第一生命8750、SOMPO8630、チェンジ3962が上昇。一方、任天堂7974、良品計画7453がさえない。

(先物OPアナリスト 田代昌之)


《MT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below