Reuters logo
景気敏感セクターへの物色が続く確率が高そう【クロージング】
2016年10月7日 / 07:16 / 1年前

景気敏感セクターへの物色が続く確率が高そう【クロージング】


*16:09JST 景気敏感セクターへの物色が続く確率が高そう【クロージング】
7日の日経平均は5日ぶり反落。39.01円安の16860.09円(出来高概算15億1000万株)で取引を終えた。米雇用統計を控え、足元4日続伸で400円超の上昇をみせていた反動から利益確定の売りが先行。一方で、原油先物相場は3ヶ月ぶりに節目の50ドルを回復したほか、米利上げ観測から円相場は1ドル103円台後半と円安に振れて推移するなか、下を売り込む流れにもならず、こう着感の強い相場展開だった。

東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が過半数を占めていたほか、規模別指数では大型、中型、小型株指数いずれも下落。ただし、相対的に大型株指数の下げは限定的であり、日経平均の底堅さにつながっている。セクターでは海運、ゴム製品、鉱業、保険、石油石炭が上昇。半面、小売、不動産、情報通信、建設が下落。

日経平均は狭いレンジでの推移が続いていたが、米雇用統計のほか、3連休に入ることもあって、様子見ムードが強かったようである。ただセクターでみると、原油高や円安を背景に、景気敏感セクターへの資金流入が目立つ。一方で内需系を中心に利益確定といったところである。

市場の関心は米雇用統計の結果を受けた年内利上げへの見方と、これによる為替動向といったところ。予想を上回ってくるようだと、年内利上げへの確度が高まり、ドル高に向かわせよう。一方で予想を下回ったとしても、連銀総裁の講演が相次ぐなか、利上げに前向きな発言等がドル高に向かわせる可能性もあり、景気敏感セクターへの物色が続く確率が高そうだ。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below