Reuters logo
NY株式:ダウは200ドル安、軟調なアルコア決算を嫌気
2016年10月11日 / 22:11 / 1年前

NY株式:ダウは200ドル安、軟調なアルコア決算を嫌気


*07:05JST NY株式:ダウは200ドル安、軟調なアルコア決算を嫌気
11日の米国株式相場は下落。ダウ平均は200.38ドル安の18128.66、ナスダックは81.89ポイント安の5246.79で取引を終了した。朝方に発表された非鉄金属大手アルコア(AA)の決算が予想を下振れ、来週から本格化する7-9月期決算内容への懸念から売りが先行。原油相場やその他資源価格の下落も嫌気され、終日軟調推移となった。セクター別では全面安となり、特にヘルスケア機器・サービスや医薬品・バイオテクノロジーの下落が目立った。

遺伝子解析装置のイルミナ(ILMN)は決算内容が嫌気され、大幅下落。原油相場の下落を受けてエクソン・モービル(XOM)やシェブロン(CVX)などエネルギー関連会社が軟調推移。一方で、短文投稿サイトのツイッター(TWTR)は一部アナリストによる投資判断引き上げを受け、上昇。ファストフードのヤム・ブランズ(YUM)は10月末にスピンオフが完了する中国事業に関する新たな事業計画と、株主還元策の拡充を発表したことで堅調推移。携帯端末のアップル(AAPL)は、韓国のサムスン電子が相次ぐバッテリー発火事故で新型スマートフォンの生産・販売を中止したことが追い風になるとの見方から買われた。

9月末に石油輸出国機構(OPEC)の非公式会合で石油減産が合意されたものの、リビア、イラン、ナイジェリアは増産を計画しており、減産効果に懐疑的な見方が増えつつある。

Horiko Capital Management LLC


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below