Reuters logo
個別銘柄戦略:短期的にディフェンシブセクターに資金シフトの公算
2016年10月12日 / 00:12 / 1年前

個別銘柄戦略:短期的にディフェンシブセクターに資金シフトの公算


*09:04JST 個別銘柄戦略:短期的にディフェンシブセクターに資金シフトの公算


欧米株安、原油安、円安の一服、ポンド相場の不透明感など、外部環境の悪化を映して、本日の東京市場は売り先行の展開が予想される。日経平均17000円到達による短期的な達成感なども生じよう。下値不安は大きくないだろうが、引き続き日中の膠着感には変化もなく、戻りも鈍い展開が見込まれる。アルコアの決算嫌気、資源価格の下落を背景に、資源関連株は全般的に低調な流れが見込まれる。総じて景気敏感株には資金が向かいにくく、ディフェンシブセクターに資金が向かおう。明治HDや味の素などには評価引き上げの動きも観測されている。短期資金の関心はビットコインを中心にフィンテック関連に向かう可能性があろう。フィスコ、リミックスポイント、Jトラストなど仮想通貨運営所を展開している銘柄のほか、「ビットフライヤー」などとの提携企業、仮想通貨取引に不可欠ともされるブロックチェーン関連銘柄などにも注目度が高まろう。

《KS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below