Reuters logo
前場に注目すべき3つのポイント~日経平均は2月高値意識、金融株と自動運転車関連に注目
2016年11月14日 / 23:37 / 10ヶ月前

前場に注目すべき3つのポイント~日経平均は2月高値意識、金融株と自動運転車関連に注目


*08:30JST 前場に注目すべき3つのポイント~日経平均は2月高値意識、金融株と自動運転車関連に注目


15日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:日経平均は2月高値意識、金融株と自動運転車関連に注目
■外資系証券の注文動向:差し引き390万株の買い越し
■前場の注目材料:車の自動走行実用化へ、政府が大規模な実証実験





■日経平均は2月高値意識、金融株と自動運転車関連に注目


15日の日本株市場は底堅い相場展開が続こう。14日の米国市場はまちまちの展開ながらも、NYダウは連日で最高値を更新。シカゴ日経225先物清算値は大阪比40円高の17700円、円相場は1ドル108円台半ばで推移している。引き続き米株高と円安が支援材料になろう。

また、トランプ政権への思惑からハイテク株が冴えないものの、金融株が堅調。前日に4-9月決算を発表したメガバンク3行はマイナス金利の影響から、7年ぶりに揃って減益となった。ただ、トランプ政権でのドッド・フランク法(金融規制改革法)の緩和期待等もあり、ADR(米国預託証券)ではいずれも上昇している。金融株の底堅い展開が安心感につながりそうである。

日経平均は前日の上昇においても、4月高値突破での達成感よりも、先高感が強く感じられる相場展開だった。短期的な過熱警戒感は意識されやすいだろうが、2月戻り高値突破を意識したスタンスとなろう。

その他、物色としてはZMPの上場承認を受けて、自動運転車関連に向かいそうである。同社株主であるFVC8462、マクニカ富士3132、ジャフコ8595、コマツ6301、ソニー6758、DI4310などに関心が集まりそうだが、保有株数が想定よりも少ないところなどは、インパクトが限られるとの見方にも。

その他、政府は、乗用車などの自動走行の実用化に向けて、自動車メーカーや研究機関などの参加を募り、来年9月頃から1年半かけて、首都高速道路や東名高速道路、それに、東京の臨海地域の一般道路などで、大規模な実証実験を行う方針を固めましたと報じられている。他の自動運転車関連への波及が意識されそうである。


(株式部長・アナリスト 村瀬智一)



■外資系証券の注文動向:差し引き390万株の買い越し

朝の外資系証券5社経由の注文状況は、売り1020万株、買い1410万株、差し引き390万株の買い越しとの観測。なお、直近5日分の注文動向は以下の通り。


11月08日(火):200万株の売り越し
11月09日(水):80万株の売り越し
11月10日(木):50万株の買い越し
11月11日(金):100万株の売り越し
11月14日(月):320万株の売り越し


■前場の注目材料

・NYダウは最高値更新(18868.69、+21.03)
・NY原油は下落(43.32、-0.09)
・今日から「光とレーザーの科学技術フェア」開催
・車の自動走行実用化へ、政府が大規模な実証実験
・ZMP7316、東証が上場承認、12月19日に上場
・アース製薬4985、固形入浴剤の生産を17年に、16年見込み比1.5倍に増産可能に
・アデランス8170、米に初の女性専門店開設へ
・アシックス7936、VB投資のファンドを子会社として設立する
・トヨタ7203、米集団訴訟は和解に合意
・テンプHD2181、システム投資4年で約200億円を見込む、AI導入などで効率化
・旭硝子5201、カセイソーダ21日出荷分から値上げへ
・東電9501、工場電力一斉カット


☆前場のイベントスケジュール


<国内>
・特になし


<海外>
・09:30 豪準備銀行の11月理事会議事要旨
・ブラジル株式市場は「共和制宣言記念日」祝日のため休場



《WA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below