Reuters logo
後場に注目すべき3つのポイント~2月戻り高値(17905.37円)に接近
2016年11月16日 / 03:27 / 10ヶ月前

後場に注目すべき3つのポイント~2月戻り高値(17905.37円)に接近


*12:19JST 後場に注目すべき3つのポイント~2月戻り高値(17905.37円)に接近

16日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・2月戻り高値(17905.37円)に接近
・ドル・円は109円12銭付近、ドル下げ渋り、日本株の堅調地合いで買い継続
・デンソー、信越化学など11社の目標株価変更


■2月戻り高値(17905.37円)に接近


日経平均は大幅に反発。213.93円高の17882.08円(出来高概算13億8000万株)で前場の取引を終えている。15日の米国市場ではトランプ銘柄物色が一服する一方で、下落していたハイテク株に買い戻しの動きが強まった。また、原油先物相場の上昇が材料視されるなか、NYダウは7営業日続伸。これを受けてシカゴ日経225先物清算値は大阪比250円高の17900円、円相場は1ドル109円台に乗せている。

米株高や円安、原油高が材料視されるなか、日経平均は17800円を回復して始まった。そ
の後は2月戻り高値を目前に利食い売りなども出ており、こう着感の強い展開に。しかし、連日でメガバンクが強い動きをみせるなど市場のムードは明るく、前引けにかけては上げ幅を拡大させている。セクターでは銀行が上昇率トップのほか、鉱業、空運、その他製品、保険、倉庫運輸、輸送用機器が堅調。半面、不動産、卸売が小安い。

日経平均は強いリバウンド基調をみせており、2月戻り高値(17905.37円)に接近してい
る。また、週足の一目均衡表の雲上限レベルに接近してきており、一段のシグナル好転が意識されている。目先の抵抗線接近で強弱感は対立しやすいところではあるが、上値追いは慎重になったとしても、押し目買い意欲は強そうである。

あす17日には安倍首相とトランプ次期大統領との会談が予定されている。正式な大統領就任前の会談は異例であり、日米同盟に対する米国の関与を再確認するとともに、政策期待が高まりやすいだろう。


(株式部長・アナリスト 村瀬智一)



■ドル・円は109円12銭付近、ドル下げ渋り、日本株の堅調地合いで買い継続


16日午前の東京外為市場では、ドル・円は下げ渋り。日本株の堅調な値動きを背景に買いが続いた。ドル・円は、前日海外市場では強い米10月小売売上高を受け109円33銭まで上昇。朝方の東京市場では上昇は一服し、108円79銭まで値を下げる場面があった。ただ、日経平均株価の堅調地合いを手がかりにドル買い・円売りが再開し、109円付近に戻した。

ランチタイムの日経平均先物は200円超高となっており、米次期政権への期待や12月利上げ観測を背景としたドル買いは目先も続きそうだ。ただ、節目の110円が意識されるなか、109円台では売りが出やすいため上昇ペースは鈍くなる見通し。

ここまでのドル・円の取引レンジは108円79銭から109円21銭、ユーロ・円は116円81銭から117円12銭、ユーロ・ドルは1.0719ドルから1.0750ドルで推移した。

12時15分時点のドル・円は109円12銭、ユーロ・円は117円34銭、ポンド・円は136円11銭、豪ドル・円は82円52銭で推移している。


(為替・債券アナリスト 吉池威)



■後場のチェック銘柄


・デンソー6902、信越化学4063など11社の目標株価変更

・トランザクション7818がストップ高

※一時ストップ高(気配値)を含みます

・黒田日銀総裁
「地銀の今後の収益は楽観できるものではない」

・麻生財務相
「米金利が上昇するという前提でドルの価値が上がっている」



☆後場の注目スケジュール☆


<国内>
・特になし


<海外>
・特になし


《WA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below