Reuters logo
政治から読み解く【経済と日本株】民進・原口氏 :くれぐれもご慎重にお願いいたします
2016年11月17日 / 01:52 / 1年前

政治から読み解く【経済と日本株】民進・原口氏 :くれぐれもご慎重にお願いいたします


*10:45JST 政治から読み解く【経済と日本株】民進・原口氏 :くれぐれもご慎重にお願いいたします
民進・原口は「総理、トランプ氏との会談についてご留意を。選挙戦の終わる前に来た人か後に来た人かでチームが決まります。クリントン氏が勝つとした司の責任が先のはずです。慌てて会いに行かれても国益にはなりません。しかも現職大統領はオバマ大統領でありトランプ氏は民間人です。同盟国だからこそご慎重に。」、続けて「もう一言。ポデスタ氏とクリントン氏のメールのやり取りでさえ暴露され、それが大統領選挙に大きな影響を与えたと言われています。リークが当たり前になった世界の現実です。総理とクリントン氏とのお話も相手陣営が知らないと考える合理的理由はありません。くれぐれもご慎重にお願いいたします。」
(11/17)

17日にトランプ次期米大統領と安倍首相の会談が行われる。原口氏が指摘しているように現時点でトランプ氏は民間人であり、現職の大統領はオバマ氏である。一部関係筋によると、今回の会談はトランプ陣営の要望で実現したもようだ。日本側がトランプ大統領の誕生ですみやかに動いたとの見方があるが、トランプ陣営側の要望であれば、先方の要求を日本側にストレートに伝えることが予想される。在日米軍駐留費用の負担に関する話し合いが中心になるとみられるが、安倍首相は日本側が全額負担することはないとの見方を示しており、両者の思惑は一致していない。ただし、日本側は他の分野で金を出すということを安倍首相が相手に伝える可能性があり、会談内容には注意が必要か。




《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below