Reuters logo
押し目待ちに押し目なし、といった心理状態【クロージング】
2016年11月17日 / 07:31 / 10ヶ月前

押し目待ちに押し目なし、といった心理状態【クロージング】


*16:24JST 押し目待ちに押し目なし、といった心理状態【クロージング】
17日の日経平均は小幅に続伸。0.42円高の17862.63円(出来高概算23億7000万株)で取引を終えた。米国ではトランプ物色が一服するなか、メガバンクなど金融株に利益確定の流れが先行した。しかし、寄付き直後につけた17764.08円を安値として、その後は下げ渋りをみせるなど、底堅い展開に。安倍首相・トランプ次期米大統領の会談を控えて政策期待が高まり、前日終値を挟んでのこう着が続く中、結局、日経平均は小幅ながらも続伸で取引を終えている。また、大型株が利食い優勢となる一方、中小型株物色が活発だった。

日経平均は売りが先行したものの、前日に空けたマド(17727-17807円)を埋めることなく、5日線辺りまでの調整もなかったことから、押し目待ちにとっても手掛けづらい状況だったとみられる。先高期待が強まりやすく、短期的な過熱感を警戒しつつも、押し目待ちに押し目なし、といった心理状態である。また、11月2週の投資主体別売買動向では、海外投資家が2週ぶりに買い越している。大統領選通過後に買いに転じているとみられ、こちらも先高期待につながるだろう。

明日は安倍首相・トランプ次期米大統領の会談内容が材料視されることになろうが、大きな期待はない。ただし、TPPについて再検証など、選挙戦時の強硬姿勢が和らいでいるようだと、内需系を含めた幅広いセクターへの買いにつながる可能性はありそうだ。

また、日経平均は前日の段階でボリンジャーバンドの+2σを若干上回る格好となり、買われ過ぎが意識されやすかったが、本日のこう着により、+2σは17940円辺りに上昇しており、過熱感は和らいでいる。明日には+2σは18000円を超えてくるとみられ、改めて2月戻り高値(17905.37円)のほか、週足の一目均衡表の雲上限である17910円処、さらに節目の18000円を試す展開が意識されそうである。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below