Reuters logo
後場に注目すべき3つのポイント~18000円回復後は想定内の一服、出遅れ銘柄を探る
2016年11月18日 / 03:27 / 10ヶ月前

後場に注目すべき3つのポイント~18000円回復後は想定内の一服、出遅れ銘柄を探る


*12:20JST 後場に注目すべき3つのポイント~18000円回復後は想定内の一服、出遅れ銘柄を探る

18日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・18000円回復後は想定内の一服、出遅れ銘柄を探る
・ドル・円は110円62銭付近、日本株高受け堅調地合い
・トヨタ、塩野義など8社の目標株価変更


■18000円回復後は想定内の一服、出遅れ銘柄を探る


日経平均は続伸。149.16円高の18011.79円(出来高概算13億7000万株)で前場の取引を終えた。17日の米国市場は予想を上回った経済指標のほか、イエレン(FRB)議長が早期の利上げが適切との認識を示したことが好感された。この流れを受けてシカゴ日経225先物清算値は大阪比220円高の18100円、円相場は1ドル110円台に乗せるなか、日経平均は1月7日以来の18000円を回復して始まった。

その後は節目突破による達成感等もあり、18000円を挟んでの60円程度の狭いレンジ取引が続いている。セクターでは海運、輸送用機器、ガラス土石、証券、非鉄金属、空運、ゴム製品が堅調。半面、医薬品、保険、鉱業、食料品が一服。東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が6割を占めている。

日経平均はギャップアップにより、節目の18000円を回復した。直近足踏みをしていた2月戻り高値(17905.37円)のほか、週足の一目均衡表の雲上限である17910円をクリアしたことで中期シグナルは好転したが、一方で利食いも出やすいところである。

11月第2週の海外投資家による売買動向では、日本の現物株と先物合計の売買は、6228億円の買い越しだった。大統領選通過後に買いに転じているとみられ、乱高下の局面とすれば16000円前半から買っており、利益確定が意識されやすい。もっとも、来週は祝日を挟んでいることもあり、週後半は米国のクリスマス商戦を見極めたいとするムードもある。月末にはOPEC総会も控えており、売り買いが交錯しやすい。節目回復後の想定内の一服のなか、出遅れ銘柄を探る展開を想定。


(株式部長・アナリスト 村瀬智一)



■ドル・円は110円62銭付近、日本株高受け堅調地合い


17日午前の東京外為市場では、ドル・円は堅調地合い。日本株高を背景にドル買いが続き110円台後半まで上昇した。ドル・円は、前日海外市場で6月1日以来、5カ月半ぶりに110円台を回復。イエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長による議会証言を受け、12月13-14日開催の連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ期待が高まったことが背景。

東京市場でも日経平均株価の100円超高を手がかりにドル買いの流れが続き、一時110円70銭台まで値を切り上げた。ただ、大統領選後の急激なドル高・円安基調が続いており、市場には調整への期待感も広がっているようだ。

ランチタイムの日経平均先物が引き続き堅調推移のため、株高継続を見込んだドル買いが入りやすく、ドルは111円を目指す展開となりそうだ。

ここまでのドル・円の取引レンジは109円97銭から110円72銭、ユーロ・円は116円82銭から117円24銭、ユーロ・ドルは1.0582ドルから1.0629ドルで推移した。

12時15分時点のドル・円は110円62銭、ユーロ・円は117円24銭、ポンド・円は137円11銭、豪ドル・円は81円71銭で推移している。


(為替・債券アナリスト 吉池威)



■後場のチェック銘柄


・トヨタ7203、塩野義4507など8社の目標株価変更
・日揮1963、M&Aキャピ6080など10社のレーティング格上げ

・アイロムG2372、アイスタイル3660、チエル3933など5社がストップ高

※一時ストップ高(気配値)を含みます

・安倍首相
「トランプ次期大統領とは共に信頼関係を築くことができると確信」

・石原経済再生相
「輸出企業や原材料コストへの為替の影響をしっかり注視する」




☆後場の注目スケジュール☆


<国内>
・特になし


<海外>
・特になし


《WA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below