Reuters logo
米国株見通し:感謝祭休日控えこう着感の強い相場展開に
2016年11月21日 / 12:01 / 10ヶ月前

米国株見通し:感謝祭休日控えこう着感の強い相場展開に


*20:56JST 米国株見通し:感謝祭休日控えこう着感の強い相場展開に
S&P500先物 2185.00(+4.25) (20:45現在)
ナスダック100先物 4820.50(+12.00) (20:45現在)

20:45時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は小動きに推移している。

18日の米株式市場は下落。買いが先行したものの、主要小売企業の決算が嫌気されたほか、利益確定の売りも散見され下落に転じた。トランプ政権への期待から下値は限られたものの、為替相場でドル高が進行していることが重しとなり、小動きとなった。ダウ平均は35.89ドル安の18867.93、ナスダックは12.46ポイント安の5321.51。

NYダウは高値圏でのもち合いが続いている。今週は24日がサンクスギビング(感謝祭)の祝日で、翌25日も午後1時までの短縮取引となる。市場関係者や投資家の多くも休暇に入ることから、商いは膨らみづらく、こう着感の強い相場展開が続きそうである。

トランプ銘柄物色が意識されるものの、やや一服感が意識されているほか、ドル高を警戒する向きもある。ただし、ボリンジャーバンドでは+2σを割り込んできており、+1σに接近。過熱感は和らいできており、底堅さは意識されやすい。

また、週後半にかけて閑散取引となることが想定される。トランプ次期政権下で財政支出が拡大するとの期待から、インフレ上昇観測が強まっているほか、先週のイエレンFRB議長の議会証言などを受けて12月の利上げが確実視されている。

次期政権への政策期待が高い足元の状態では、短期的にはタカ派の発言に注目が集まりやすいこともあり、長期金利の上昇に加えてドル高が進行する可能性が高く、株価の上値を抑える要因となることに注意すべきだろう。

欧州はプラス圏で推移しているが、全般小動き。また、原油相場にも注意が必要であろう。月末にはOPEC総会も控えている。先週末にも減産に向けカタールの首都ドーハで閣僚級協議が開かれており、減産合意を楽観視していると伝えられている。とは言え、これまでも目前まで合意を強調するものの、結局は物別れとなって原油相場の波乱につながっている。30日の総会が近づくにつれて、相場の波乱要因になろう。


《KK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below