Reuters logo
今日の為替市場ポイント:日米株高持続への期待でリスク選好のドル買い継続
2016年11月23日 / 23:16 / 10ヶ月前

今日の為替市場ポイント:日米株高持続への期待でリスク選好のドル買い継続


*08:10JST 今日の為替市場ポイント:日米株高持続への期待でリスク選好のドル買い継続

23日のドル・円相場は、東京市場では111円17銭から110円86銭まで小幅安で推移。欧米市場でドルは一時112円97銭まで買われており、112円52銭で取引を終えた。

本日24日のドル・円は、112円台で推移か。10月の米耐久財受注は予想外の大幅増となっており、米長期金利は上昇した。米金利の先高観は後退していないことや、日米株高持続への期待でリスク選好的なドル買いは継続する見込み。

23日に公表された米連邦公開市場委員会の議事要旨(11月1-2日開催分)によると、参加メンバーのほぼ全員が「経済見通しに対する短期的なリスクはおおむね均衝している」と判断していることが確認された。また、投票権を有するメンバー以外も含めて参加者の大半は、「比較的近い時期に利上げが正当化される」との見方を表明していたようだ。

市場関係者の間では、11月のFOMC議事要旨は想定の範囲内との見方が多いが、12月利上げの妥当性を裏付ける内容との声が多く聞かれた。ただし、米大統領選後に長期金利が急上昇していることから、一部の市場関係者は、次回12月13-14日に開かれるFOMC会合では、長期金利上昇の原因やインフレ見通しについての議論が中心になると予想している。

また、FOMCの参加メンバーの間で米財政赤字の大幅な拡大への懸念が共有された場合、市場関係者の一部は「利上げ幅は0.25ポイントになるものの、金利・経済予測で2017年以降の政策金利見通しを大幅に引き上げるのではないか?」と予想している。



《WA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below