Reuters logo
感謝祭明け後は米国のクリスマス商戦が本格化【クロージング】
2016年11月24日 / 07:26 / 1年前

感謝祭明け後は米国のクリスマス商戦が本格化【クロージング】


*16:21JST 感謝祭明け後は米国のクリスマス商戦が本格化【クロージング】
24日の日経平均は6営業日続伸。170.47円高の18333.41円(出来高概算23億6000万株)で取引を終えた。外国為替市場ではドル円が1ドル112円台半ばで推移するなか、自動車やハイテク株を中心に買い先行で始まった。

しかし、24日の米国市場が感謝祭の祝日で休場となることもあり、海外勢の売買が限られるなか、その後はこう着感の強い展開に。午後には円相場が1ドル112円台後半へと円安が進んだことから、日経平均は上げ幅を拡大する場面もみられた。しかし、銀行など利益確定の動きも散見されるなか、こう着感の強い相場展開が続いた。

買い一巡後は次第にメガバンクのほか、任天堂7974など利益確定の流れが強まっていたが、米国市場が感謝祭で休場となるなか、いったんはポジションを軽くする動きといったところであろう。利益確定の流れであり、リバウンド基調は崩れていないが、さすがに買い手控えの一因になりやすいだろう。

米国の祝日明けの25日は、ブラックフライデーと呼ばれ、米国のクリスマス商戦が本格化する。トランプ政策への期待が加わる年末商戦に対して、一段と消費拡大が意識される。後場から利益確定に押されていた任天堂など、改めて物色の矛先が向かうかが注目されそうだ。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below