Reuters logo
欧米為替見通し:ドル・円は小じっかり、米株価・金利動向にらみ
2016年11月25日 / 08:36 / 1年前

欧米為替見通し:ドル・円は小じっかり、米株価・金利動向にらみ


*17:30JST 欧米為替見通し:ドル・円は小じっかり、米株価・金利動向にらみ
今日の欧米市場では、ドル・円は小じっかりの展開を予想したい。米連邦準備理事会(FRB)の12月利上げが確実視される状況に、ドル買い・円売りの流れが続く見通し。週明けにかけてはリスク要因が乏しいため、史上最高値更新中のNYダウや上昇基調が続く米長期金利の動向が手がかりとなりそうだ。

米株高や金利上昇が続けばドル・円は一段高となり、114円台回復が見込まれる。ただし、本日は感謝祭と週末休みの狭間で、米国市場では株、債券、商品が短縮取引になるため、為替取引はNY市場終盤に動きが鈍くなると思われる。米国の経済指標では、10月卸売在庫と11月サービス業PMI速報値の発表が予定されている。

ところで、市場ではドル・円が目先どの程度まで上昇するのか、読み切れていないようだ。ある市場筋は、「11月9日の101円前半から3週間あまりで113円台まで上昇した急激なペースを考えると、そろそろ調整が入ってもおかしくない」と話す。一方、対照的にある外為ストラテジストは、「年初から大きく進んだ円高の巻き戻しと考えれば、まだ値を戻したとは言い切れない」としており、見方が分かれている。


【今日の欧米市場の予定】
・18:30 英・7-9月期GDP改定値(前年比予想:+2.3%、速報値:+2.3%)
・22:30 米・10月卸売在庫(前月比予想:+0.2%、9月:+0.1%)
・23:45 米・11月サービス業PMI速報値(予想:54.8、10月:54.8)
・米国市場は時間短縮取引
(NY現地時間 金12時30分、株式13時、原油13時30分、債券14時で終了予定)


《WA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below