Reuters logo
個別銘柄戦略:自動運転車関連の動向に注目
2017年2月13日 / 00:23 / 7ヶ月前

個別銘柄戦略:自動運転車関連の動向に注目


*09:18JST 個別銘柄戦略:自動運転車関連の動向に注目
10日の米国市場は上昇。トランプ大統領が数週間以内に減税策を発表すると発言したことで、景気回復への期待から買いが先行。1月輸入物価指数が予想を上振れたほか、原油相場の上昇も好感され、終日堅調推移となった。シカゴ先物清算値は大阪比40円安の19340円となったが、円相場は1ドル113円台半ばとやや円安に振れて推移していることが安心感につながりそうだ。

日米首脳会談については無難に終えた格好であろう。日本が名指しで通貨安誘導と批判されることはなかったため、円相場の落ち着きが期待される。ただし、10日のADR(米国預託証券)では自動車株が軒並みさえない展開となっており、相場全体の重しになる可能性はありそうだ。東芝6502の2016年4-12月期の連結最終損益は、4000億円前後の赤字になったようだとの観測が報じられている。ただ半導体事業の一部売却などで17年3月期末は債務超過の回避を目指すと伝えられるなか、短期筋のショートカバーが意識されそうだ。その他、米フォード・モーターは、米自動運転ベンチャーの「アルゴAI」に今後5年間で10億ドルを投資すると報じられており、自動運転車関連の動向が注目される。その他、証券各社から目標株価の引き上げが観測されている富士電機6504も注目か。



《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below