Reuters logo
次はイエレンFRB議長証言に関心【クロージング】
2017年2月13日 / 07:54 / 7ヶ月前

次はイエレンFRB議長証言に関心【クロージング】


*16:47JST 次はイエレンFRB議長証言に関心【クロージング】
13日の日経平均は続伸。80.22円高の19459.15円(出来高概算18億8000万株)で取引を終えた。10日の米国市場の上昇のほか、原油相場の上昇が材料視されている。また、先週末の日米首脳会談では、日本が名指しで通貨安誘導と批判されることはなかったため、円相場の落ち着きが好感された。19500円を回復して始まった日経平均は、その後は利食いに押される場面もみられたが、こう着のなかでも高値圏での底堅い相場展開が続いた。

セクターでは鉱業、石油石炭、非鉄金属、鉄鋼、海運、電気機器、食料品、ガラス土石が堅調。半面、不動産、情報通信、証券、電力ガス、繊維が小安い。また、メガバンク3行や自動車が堅調な半面、日経平均に対する寄与度の大きいソフトバンクG9984、ファーストリテ9983、ファナック6954が売り買い交錯となり、日経平均への重しとなった。

日経平均は19500円処での上値の重さが意識されていたが、明日までは決算発表が多く、機関投資家は積極的には動けないところ。価格帯別出来高の膨れているところでもあり、利益確定の売りも出やすいところであろう。日米首脳会談が通過し、市場ではイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長証言に関心が集まりやすい。イエレン議長は14日に上院銀行委員会で証言するほか、15日には米下院金融サービス委員会で、金融政策に関する半期に一度の証言を行う。

年内の利上げ回数を3回とする見方が後退しているほか、3月利上げはないとの見方がコンセンサスになっている。3月利上げに向けた発言をするかが注目されよう。トランプ政権への期待を背景とした金融セクターのほか、インフラ関連なども引き続き注目されるとみられる。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below