Reuters logo
今日の為替市場ポイント:米長期金利上昇を意識してリスク選好の円売り継続へ
2017年2月14日 / 23:09 / 8ヶ月前

今日の為替市場ポイント:米長期金利上昇を意識してリスク選好の円売り継続へ


*08:04JST 今日の為替市場ポイント:米長期金利上昇を意識してリスク選好の円売り継続へ
14日のドル・円相場は、東京市場では113円82銭から113円27銭まで下落。欧米市場でドルは114円50銭まで上昇し、114円25銭で取引を終えた。

本日15日のドル・円は、主に114円台で推移か。日本株反発の可能性があることや米長期金利の上昇を意識して、リスク選好的な円売りは継続する可能性がある。

米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長は14日に上院銀行委員会で議会証言を行い、利上げ継続の必要があることを示唆した。イエレン議長は「緩和措置の解除(利上げ)を待ち過ぎることは賢明ではない」と指摘した。利上げの遅れは速いペースでの利上げにつながり、結果的に景気後退を招く恐れがあるとの見方を示した。

市場関係者の間では、「イエレン議長の証言内容はややタカ派寄り」との声が聞かれており、米長期金利の上昇やドル反発につながった。また、証言後の質疑応答でイエレン議長は「今後数カ月間にバランスシートの戦略について協議する」と述べており、金利引き上げの作業の後はバランスシートの縮小に着手することになるとの見方が広がった。

イエレン議長は「(バランスシートは)最終的に現在(約4.5兆ドル)よりも著しく小規模になる」と予想している。バランスシート縮小に向けた作業は早ければ年内に開始される可能性があるが、金利引き上げと同時並行的に行うことは、インフレ率の大幅な鈍化や過度の信用収縮につながるリスクがあるとみられており、トランプ政権は難色を示す可能性がある。



《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below