Reuters logo
個別銘柄戦略:メガバンクを中心として金融セクターに注目
2017年2月15日 / 00:30 / 7ヶ月前

個別銘柄戦略:メガバンクを中心として金融セクターに注目


*09:21JST 個別銘柄戦略:メガバンクを中心として金融セクターに注目
14日の米国市場ではNYダウなど主要な株価指数は連日で最高値を更新。注目されたイエレンFRB議長証言では、利上げを先送りするのは賢明でないとし、インフレ率や労働市場の改善が進めば、更なる利上げが必要になるとの認識を示した。利上げ観測の拡大を受けて米国債利回りが上昇、円相場は1ドル114円台に乗せている。この流れを受けてシカゴ日経225先物清算値は大阪比195円高の19475円となり、前日の下落部分を吸収する展開になりそうだ。ただし、東芝6502の決算発表が延期となるなかでセンチメントが悪化。需給不安が強まりやすいなか、積極的な売買は手控えられそうである。イエレン議長発言を受けてリバウンドが見込まれるが、19500円接近ではやれやれの売りも出やすいところであろう。

物色の流れとしては利上げ観測の拡大からメガバンクを中心として金融セクター。また、米アップルが連日で最高値を更新しており、アップル6770などの関連銘柄への資金流入が意識されよう。その他、個別では目標株価の引き上げが観測されているディスコ6146、東ソー4042、東邦チタニウム5727などが注目される。テーマ株では引き続きAIや自動運転車のほか、金正男(ジョンナム)氏の殺害が報じられるなか、地政学リスクの高まりを受けた防衛関連などにも短期資金が向かいやすい。



《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below