Reuters logo
マザーズ銘柄辺りに関心が向かうか【クロージング】
2017年2月17日 / 07:23 / 7ヶ月前

マザーズ銘柄辺りに関心が向かうか【クロージング】


*16:15JST マザーズ銘柄辺りに関心が向かうか【クロージング】
17日の日経平均は続落。112.91円安の19234.62円(出来高概算20億2000万株)で取引を終えた。16日の米国市場はNYダウが6日続伸となるものの、シカゴ日経225先物は19300円を下回っていたほか、円高が重しとなるなか、日経平均は3ケタの下落から始まった。また、トランプ大統領の経済政策の具体的な内容を見極めたいほか、東芝6502の東証2部降格の可能性が高まり、インデックスに絡んだヘッジ売り等が警戒されている。好決算企業など個別に材料が出ている銘柄には資金が向かっているが、全体としてはこう着感の強い相場展開が続いた。

日経平均は一時19200円を割り込む場面もみられ、25日線レベルまで下げてきている。心理的な支持線として意識される水準でもあり、一先ず底堅さが意識されそうである。また、任天堂7974が売り先行後に上昇に転じるなど、売り込まれていた銘柄等への買い戻しなども意識されやすい水準であろう。

もっとも東芝問題による需給面での影響が警戒されるなか、指数インパクトの大きい値がさ株などは手掛けづらいところ。そのためインデックスに振らされ難い中小型株などに個人主体の資金が向かいやすいだろう。マザーズでトレンドの強い銘柄や足下で調整をみせていた銘柄等に関心が集まりそうだ。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below