Reuters logo
NY株式:ダウは32ドル高、利上げ観測の拡大を警戒
2017年2月22日 / 22:00 / 7ヶ月前

NY株式:ダウは32ドル高、利上げ観測の拡大を警戒


*06:57JST NY株式:ダウは32ドル高、利上げ観測の拡大を警戒
22日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は32.60ドル高の20775.60、ナスダックは5.32ポイント安の5860.63で取引を終了した。原油相場の下落に加えて、昨日の株価上昇を受けた利益確定の動きが広がり、売りが先行。FOMC議事録では、関係者の多くが労働市場やインフレ動向が予想通りに改善すれば、早期の利上げが適切と考えていることが明らかとなった。追加利上げ観測の拡大を受けて、発表後に上値の重い展開となった。セクター別では、耐久消費財・アパレルや公益事業が上昇する一方でエネルギーや運輸が下落した。



住宅建設のトール・ブラザーズ(TOL)は契約件数の増加が好感され、上昇。バイオ医薬品のブリストル・マイヤーズ(BMY)は著名投資家カール・アイカーン氏が同社株を取得したことが報じられ、買われた。一方で、太陽光発電関連のファースト・ソーラー(FSLR)は決算で過去最大の損失を計上し、下落。原油相場の下落でチェサピーク・エナジー(CHK)や深海油田開発のトランスオーシャン(RIG)などエネルギー銘柄が軟調推移となった。

PCメーカーのHPインク(HPQ)はマーケット終了後に11-7月期決算を発表、一株利益、売上高ともに予想を上振れ、時間外取引で上昇して推移している。



Horiko Capital Management LLC


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below