Reuters logo
欧米為替見通し:ドル・円は弱含みか、米財務長官の利上げけん制的発言が重石に
2017年2月24日 / 08:30 / 7ヶ月前

欧米為替見通し:ドル・円は弱含みか、米財務長官の利上げけん制的発言が重石に


*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は弱含みか、米財務長官の利上げけん制的発言が重石に
今日の欧米外為市場では、ドル・円は弱含む展開を予想したい。ムニューチン米財務長官が前日、「ドル高にはいくらか問題がある」と述べことが、ドル売りにつながった。また、「おそらく、長期にわたり低金利が続くだろう」との利上げけん制的な発言もみられ、米連邦準備理事会(FRB)の年内利上げペースが鈍るとの思惑が、一段のドル売り圧力になる可能性がある。

そのほか、28日にはトランプ米大統領による就任後初の議会演説で経済政策が示されるものの、期待外れになるとの思惑が浮上。来週にかけて、ドル売りに振れやすい地合いとなりそうだ。

トランプ大統領はこれまで、向こう10年間で5500億ドル-1兆ドル規模のインフラ投資や連邦法人税率の35%から15%への引下げなどに言及。世界経済への影響からも米国経済のテコ入れに期待が高まっている。ただ、インフラ投資の規模や減税については、財政赤字が膨らみ金利の上昇につながるため、景気の腰折れ要因となりかねず、ホワイトハウスと与党・共和党の思惑にも隔たりがある。

トランプ大統領の政権基盤の弱さを考慮すれば共和党寄りの現実的路線に落ち着く可能性があり、市場では「期待外れ」と受け止められ、株売りを通じ(米長期金利は低下)、ドル安に振れる可能性がある。(吉池 威)

【今日の欧米市場の予定】
・18:30 英・1月住宅ローン承認件数(銀行協会)(予想:42600件、12月:43228件)
・22:30 カナダ・1月消費者物価指数(前年比予想:+1.6%、12月:+1.5%)
・24:00 米・1月新築住宅販売件数(予想:57.1万戸、12月:53.6万戸)
・24:00 米・2月ミシガン大学消費者信頼感指数確定値(予想:96.0、速報値:95.7)




《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below