Reuters logo
米国株見通し:利上げ観測が引き続き圧迫
2017年3月3日 / 11:51 / 8ヶ月前

米国株見通し:利上げ観測が引き続き圧迫


*20:45JST 米国株見通し:利上げ観測が引き続き圧迫
S&P500先物 2379.25(-2.75) (20:30現在)
ナスダック100先物 5358.50(-6.25) (20:30現在)

20:30時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は小動きに推移している。また、NYダウは前日比変わらずで推移。欧州は小幅ではあるが高安まちまちであり、ユーロストック、英FTSE、独DAXは軟調な展開。また、原油先物相場は横ばいで推移している。

2日の米株式市場では、前日の大幅な上昇の反動もあり、NYダウは100ドルを超える下げとなった。週間新規失業保険申請件数が予想より減少したほか、連日、連銀高官が利上げに積極的な姿勢を示していることで米景気への楽観的な見方もあったが、引けにかけて下げ幅を広げていた。

トランプ大統領の議会講演後は、市場の関心は3月の利上げの可能性に向かっている。まずは、本日のイエレンFRB議長講演の内容が注目される。ブレイナードFRB理事は、米国と海外の経済について前向きな見方を示した上で、そうした状況が米金融当局が「早期に」利上げに踏み切る論拠となりそうだとの見方を明らかにしている。

ゴールドマンなど相次ぐ利上げ確率の引き上げ等により、イエレン議長の発言によって一段と利上げ確度を高めてくるかが相場の変動要因になろう。ただし、来週は雇用統計の発表も予定されており、より利上げへの思惑が高まるようだと、企業業績への影響を警戒させてくる可能性もありそうだ。


《KK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below