Reuters logo
後場に注目すべき3つのポイント~個人主体の中小型株物色は活発
2017年3月6日 / 03:26 / 8ヶ月後

後場に注目すべき3つのポイント~個人主体の中小型株物色は活発


*12:23JST 後場に注目すべき3つのポイント~個人主体の中小型株物色は活発
6日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・個人主体の中小型株物色は活発
・ドル・円は113円82銭、下げ渋り、米3月利上げ期待で売り一服
・エムビーエス、北の達人コーポレーション、ジャパンシステムなど8社がストップ高


■個人主体の中小型株物色は活発

日経平均は続落。98.70円安の19370.47円(出来高概算6億6000万株)で前場の取引を終えている。3日の米国市場が小動きだったほか、シカゴ先物が小安く推移するなか、利食い優勢の展開。また、北朝鮮によるミサイル発射報道もあり、地政学リスクの高まり等も手控え要因になった。これにより、下落幅は一時100円を超える場面もみられたが、その後は5日線を挟んでのこう着感の強い展開に。

セクターでは石油石炭、鉄鋼、その他製品、ゴム製品、鉱業、機械、化学がしっかり。半面、保険、電力ガス、陸運、不動産、精密機器、銀行、小売が冴えない。東証1部の騰落銘柄は、値上がり値下がり数が拮抗している。東証2部、マザーズ、JASDAQはプラス圏で推移しており、個人主体の中小型株物色は活発である。

日経平均はもち合いレンジの上限を明確に上放れることができず、5日線を挟んでの攻防をみせている。TOPIXもマイナス圏で推移するなか、午後は日銀のETF買い入れへの思惑につながりやすい。また、日経平均は予想以上に弱い動きではあるが、東証1部の騰落銘柄は拮抗している状況。東証2部、マザーズ、JASDAQはプラス圏での推移をみせており、センチメントはそれ程悪くないだろう。売り先行で始まった金融セクターが下げ渋りをみせてくるようだと、売り込みづらくさせよう。

また、指数インパクトの大きいところではファーストリテ9983が利食いに押されているが、5日、25日線辺りで踏ん張りをみせてくるようだと、225先物は売り込みづらくなりそうだ。

(株式部長・アナリスト 村瀬智一)


■ドル・円は113円82銭、下げ渋り、米3月利上げ期待で売り一服

6日午前の東京外為市場では、ドル・円は下げ渋り。米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げを警戒した売りは一服し、ドルの下げは小幅にとどまった。

ドル・円は前週末NY市場に利益確定売りが強まった地合いを受け継ぎ、114円14銭を付けた後は日経平均株価の下落を手がかりにドル売り・円買いに振れた。ドルは114円を割り込み、一時113円72銭まで下落。

ランチタイムの日経平均先物は軟調地合いのため、株安継続を警戒した円買いは続くだろう。ただ、前週末のイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長による講演から3月利上げに期待が高まっており、ドルが足元からさらに大きく下げる展開は想定しにくい。

ここまでのドル・円の取引レンジは113円72銭から114円14銭、ユーロ・円は120円68銭から121円14銭、ユーロ・ドルは1.0601ドルから1.0622ドルで推移した。

12時18分時点のドル・円は113円82銭、ユーロ・円は120円74銭、ポンド・円は139円82銭、豪ドル・円は86円20銭で推移している。

(為替・債券アナリスト 吉池威)


■後場のチェック銘柄

・エムビーエス1401、北の達人コーポレーション2930、ジャパンシステム9758など8社がストップ高
※一時ストップ高(気配値)を含みます

・NZ1月住宅建許可:+0.8%(12月:前月比-79%←-7.2%)

・豪1月小売売上高:前月比+0.4%(予想:+0.4%、12月:-0.1%)

・安倍首相
「北朝鮮のミサイル発射、新たな脅威となったことを明確に示すもの」


☆後場の注目スケジュール☆

<国内>
・特になし

<海外>
・特になし





《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below