Reuters logo
今日の為替市場ポイント:米FOMC会合の結果判明を待つ状況
2017年3月14日 / 23:19 / 6ヶ月前

今日の為替市場ポイント:米FOMC会合の結果判明を待つ状況


*08:14JST 今日の為替市場ポイント:米FOMC会合の結果判明を待つ状況
14日のドル・円相場は、東京市場では114円76銭から115円18銭まで上昇。欧米市場でドルは115円20銭まで買われた後に下げた後に114円52銭まで反落し、114円75銭で取引を終えた。

本日15日のドル・円は主に114円台後半で推移か。米連邦公開市場委員会(FOMC)会合の結果判明を待つ状況となるため、ドル・円などの主要通貨の為替取引は動意薄の状態が続く見込み。

市場関係者の全員が今回のFOMC会合で0.25ポイントの利上げが決定されることを想定しており、市場の関心はFOMCの声明内容や経済・金利予測に向けられている。2017年における利上げは3月を含めて3回との見方が一般的だが、現時点でインフレ加速の兆候は表れていないことから、FOMC予測で2018年以降の金利見通しが上方修正されるとの予断は持てないとの声が聞かれている。

市場関係者の一部は、2017年における米連邦準備理事会(FRB)の金融政策は金利調整が主体となり、2018年以降はバランスシートの段階的な縮小(市場からの資金吸収)が主体になると考えている。それゆえに2018年における利上げは年2回程度にとどまると予想している。インフレが進行した場合、2018年は年4回の利上げもあり得るとの見方は少なくないが、バランスシートの縮小作業と利上げの同時進行は景気悪化を招く可能性があり、トランプ政権の理解を得ることは難しいとみられる。




《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below