Reuters logo
欧米為替見通し:ポンド・円は伸び悩みか、安泰ではない保守党圧勝シナリオ
2017年4月19日 / 08:25 / 6ヶ月前

欧米為替見通し:ポンド・円は伸び悩みか、安泰ではない保守党圧勝シナリオ


*17:20JST 欧米為替見通し:ポンド・円は伸び悩みか、安泰ではない保守党圧勝シナリオ
今日の欧米外為市場では、ポンド・円は伸び悩む展開を予想したい。メイ英首相が前日、電撃的に解散・総選挙の意向を示し、政権基盤の強化を期待したポンド買いが強まった。ただ、英国内の欧州連合(EU)残留を望む声は根強く、保守党の勝利は安泰とは言いにくい。ポンド・円が上げ渋れば、ドル・円の上昇も限定的となりそうだ。

英国のメイ首相が18日に解散・総選挙の意向を表明し、議会の3分の2の賛成を得られれば、2020年に予定されていた総選挙を今年6月8日に前倒し実施する。保守党は昨年6月の国民投票ではキャメロン首相(当時)がEU残留支持を訴える一方、ジョンソン外相は離脱支持と党内でも議論は分かれたが、投票結果を受けメイ政権下で今年3月にEUに対し離脱を通告。現政権が国内での基盤を強化できれば、EUとの交渉を進めやすくなるメリットが考えられる。直近の世論調査では、最大野党・労働党の不人気で保守党圧勝が予想されており、前日の海外市場では与党圧勝を期待したポンド買いが強まった。

ただ、昨年6月23日に行われた英国民投票(投票率72.1%)では、「離脱」(51.9%)、「残留」(48.1%)と接戦となり、その後も世論調査ではEU残留支持は40%程度と根強い。自由民主党やスコットランド国民党などの野党は、引き続き残留支持者を取り込んでいるようだ。労働党はコービン党首が「国民のためになるブレグジット」を主張するなど保守党への対抗勢力になりきれていないものの、党首交代で新鮮さをアピールしたり、残留で結束したり、巻き返す可能性はあろう。今後の労働党の対応次第では選挙情勢が変わるとみられ、保守党敗北への思惑が広がれば、ポンドの上昇は限定的となりそうだ。(吉池  威)

【今日の欧米市場の予定】
・17:00 南ア・3月消費者物価指数(前年比予想:+6.4%、2月:+6.3%)
・18:00 ユーロ圏・2月貿易収支(予想:+162億ユーロ、1月:-6億ユーロ)
・18:00 ユーロ圏・3月消費者物価指数改定値(前年比予想:+1.5%、速報値:+1.5%)
・20:00 米・MBA住宅ローン申請指数(先週)(前回:+1.5%)
・01:00 ローゼングレン米ボストン連銀総裁講演
・03:00 米地区連銀経済報告(ベージュブック)



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below