Reuters logo
【FISCOソーシャルレポーター】個人ブロガー三竿郁夫氏:「タイからの自動車輸出が加速!」
2017年4月30日 / 03:03 / 5ヶ月前

【FISCOソーシャルレポーター】個人ブロガー三竿郁夫氏:「タイからの自動車輸出が加速!」


*12:00JST 【FISCOソーシャルレポーター】個人ブロガー三竿郁夫氏:「タイからの自動車輸出が加速!」
以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人ブロガー三竿郁夫氏(ブログ 「IA工房」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。
--------------------------------------------------------------------------------
「タイからの自動車輸出が加速!」

今月、三菱自動車7211のゴーン会長が、ルノー・日産7201アライアンスの重要拠点と位置付けるタイの主力工場ラムチャバンを訪れた。三菱自動車タイランドは、2016年度に30万台を超える自動車をヨーロッパ、北米、アジア各国に輸出し、タイ最大の自動車輸出会社となっている。また、3月三菱自動車は、このタイの子会社から配当金として595億円受領したと発表している。

また、今月、トヨタ7203の小寺常務がタイのソムキッド副首相と会談し、ダイハツと組みタイを新興国向け小型車の開発生産拠点とする方針を伝えた。今後最大級の投資を視野に入れている。

世界の自動車輸出の国別ランキングをご存知だろうか?外務省の2014年データによると、フランスが1位、ドイツが2位で、日本が3位。100万台を超えているのは、7カ国で中国もインドもインドネシアも入っていない。

タイの輸出台数は、すでに100万台を超え年々伸びており、2020年には165万台を輸出するとの予測が出ている。そして、その大半が日本メーカーのタイからの輸出なので、日本の製造業を支える大きな柱となっていくことは間違いない。

昨年8月、タイ政府は同国をEVの製造ハブにするべく大きく舵を切ったとBangkokPostは報じている。 自動車産業インフラと部品の裾野産業が集積するタイが日本の自動車産業のアジアの戦略拠点の一つとして中長期的にもまだまだ伸びていきそうだ。

執筆者名:三竿郁夫IA工房代表
ブログ名:「IA工房」


《MT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below