Reuters logo
来週の決算ピークを迎え買い戻し強まるか【クロージング】(訂正)
2017年5月1日 / 08:05 / 5ヶ月前

来週の決算ピークを迎え買い戻し強まるか【クロージング】(訂正)


*16:58JST 来週の決算ピークを迎え買い戻し強まるか【クロージング】(訂正)
本文が未更新だったため、差し替えて再送いたします。


1日の日経平均は3営業日ぶりに反発。113.78円高の19310.52円(出来高概算17億6000万株)で取引を終えた。4月28日のNY市場は1-3月期GDP速報値が3年ぶりの低水準となったことが嫌気されたが、シカゴ日経225先物清算値は大阪比15円高の19215円と底堅い展開だった。この流れからやや売りが先行したものの、寄付き後早い段階で上昇に転じている。先週末が決算発表の第1弾のピークだったこともあり、決算評価による物色が活発。

連休の谷間となることから商いは細りやすいところであるが、決算評価の流れが個別でみられており、指数インパクトの大きい東エレク8035、日東電工6988などが日経平均をけん引。もっとも決算で明暗がくっきり分かれており、セクターではハイテクの好決算から電気機器が上昇率トップだった一方で、JAL9201の減益見通しを受けて、空運が下落率トップだった。

連休の谷間ではあるが、好決算企業には物色資金が集中するなど、需給関係は良好である。また、円相場が円安基調を強めてきていることも安心感につながろう。明日は大型連休の後半に入るため商いが細りやすいと考えられるが、来週は2000社近くの企業が決算発表を迎える。円相場の円安基調のなか、低迷していた景気敏感セクターについては、決算がアク抜けにつながる可能性が期待される。

地政学リスクがくすぶっているが、休み中に開催されるFOMCや米雇用統計を経て、米国では利上げ観測が高まる可能性があることも、買い戻しに向かわせることになろう。基本はこう着ながらも、先高観の強い相場展開が期待される。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below