Reuters logo
今日の為替市場ポイント:リスク選好的な円売り一巡でドルは対円でもみあう展開も
2017年5月7日 / 23:25 / 5ヶ月前

今日の為替市場ポイント:リスク選好的な円売り一巡でドルは対円でもみあう展開も


*08:22JST 今日の為替市場ポイント:リスク選好的な円売り一巡でドルは対円でもみあう展開も
5日のドル・円相場は、東京市場では112円66銭から112円09銭まで下落。欧米市場ではドル・円は112円80銭まで上昇し、112円71銭で取引を終えた。

本日8日のドル・円は113円前後で推移か。7日に投開票が行われた仏大統領選でマクロン氏が予想通り勝利したが、リスク選好的なユーロ買い・円売りは一巡しつつある。新たな円売り材料が提供されない場合、ドル・円は目先的に113円前後でもみあう状態が続く見込み。

外為市場ではマクロン氏の勝利は織り込み済みだったが、同氏の得票率は予想以上との理由で8日早朝のアジア市場でユーロは一段高となった。大統領選の結果を受けたユーロ買いは一巡しつつあるが、マクロン次期大統領が国内経済の持続的な成長に寄与する政策を打ち出すことができれば、欧州中央銀行(ECB)は2018年前半にも金融緩和策の解除を開始するとの見方が出ている。次回6月8日のECB理事会の会合結果は注目に値する。

米連邦準備理事会(FRB)は6月13-14日開催の連邦公開市場委員会(FOMC)の会合で、0.25ポイントの追加利上げを決定する可能性は高いとみられている。米国とユーロ圏の短期金利差は当面拡大するが、米利上げペース加速の思惑は台頭していないことから、米6月利上げを見込んだ米ドル買い・ユーロ売りが再び強まるかどうか予断を持てない状況がしばらく続くことになりそうだ。



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below