Reuters logo
【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家株番長:株番長が注目している新型iPhone関連銘柄
2017年5月12日 / 11:54 / 4ヶ月前

【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家株番長:株番長が注目している新型iPhone関連銘柄


*20:45JST 【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家株番長:株番長が注目している新型iPhone関連銘柄
以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家株番長氏(ブログ「株番長の注目銘柄」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2017年5月11日14時に執筆

米アップルが iPhone の発売を開始してから2017年で10周年を迎えるぞ。これに合わせて、アップルが今年中にも新型のiPhoneを発売する見込みと噂されており株式市場では注目を集めている。今回は話題沸騰の新型iPhone関連銘柄を紹介するぞ。

■新型iPhoneの噂

米アップルが大ヒットスマートフォンiPhoneを発売開始してから2017年で10周年を迎える。これまで節目節目で様々なサプライズを繰り広げてきた米アップルだけに、10周年を記念して新型のiPhone(最もハイエンドなiPhone8、価格を抑えたiPhone7s/7s Plus)を発売するのではないかと噂されている。

新型iPhoneの発売が2017年8月から10月にあると予想しており、そのうちiPhone8はより薄型で軽量なディスプレイ(有機EL)を備えた製品となると予想しているアナリストもいるようだ。またこれに伴いホームボタンが無くなる可能性もあるとのことだ。

米アップルが5月2日に発表した決算によるとiPhoneの販売台数は減少しており、この理由として同社のクックCEOは大幅なデザイン変更が噂される次期iPhoneのリーク情報を受けて買い控えが起きていると述べた。

こうした情報を元にすると、10周年を記念して大幅な改定を盛り込んだ新型iPhoneが発売されるという噂の信憑性は高いようで、既に消費者・株式市場も大きく反応しているぞ。

■注目の新機能とは

新型iPhoneでは、大幅なデザイン改定及び新機能の搭載が噂されているぞ。一部メディアによると、新型iPhoneにはこれまでのような指紋認証機能が搭載されない可能性があると海外メディアが報じているとのことだった。その代替として顔認証技術や虹彩認証技術などの新機能が搭載される可能性があるとのことだ。事実、2017年2月に米アップルは顔認証システムの技術を研究するベンチャー企業を買収しており、アップルがこれらの新技術の利用に注力しているのは確かのようだな。

その他にも、英投資銀行のバークレイズは周囲の光や明るさに応じてディスプレイの色が自動で調整されるTrue Toneという技術が搭載されると予想、KGI証券は無線充電機能が搭載されると予想しているようだ。一部では新型iPhoneにAR(拡張現実)等の技術を搭載する可能性もあるなどの声もあり、新機能に関する噂は後を絶たないな。

■新型iPhone関連銘柄が注目されている理由

新型のiPhoneが発売される時は必ずと言っていいほど株式市場では高い注目を集めるが、今回は特にデザインの大幅な変更及び複数の新機能が搭載される可能性があるため高い注目が集まっているぞ。

新型iPhoneとして発表される予定の3モデルのうち、ハイエンドなモデルとなることが予想されるiPhone8の価格は日本円で11万円を超える可能性があり、その出荷台数も過去最高レベルになるのではないかと予想されているため、経済効果もかなり大きなものとなる見込みだ。

新機能のうち、特に注目されているのが有機ELディスプレイで、これがiPhoneで搭載されれば今後のスマートフォン市場に大きな影響があると考えられている。また、有機ELディスプレイの普及は顔認証や虹彩認証技術の必要性向上にも繋がるため、関連銘柄としてこうした新機能を扱う銘柄も高い注目を集めているような状況だ。

■新型iPhone関連銘柄

6981村田製作所
電子部品大手の企業でセラミックコンデンサーでは世界首位の実績を誇る。米アップルに製品を提供しているため、iPhone関連銘柄では定番の注目株だ。新型iPhoneの過熱感が高まれば高まるほど買いが入りやすい銘柄のため要注目だ。

■6963ローム
主力のカスタムLSIが国内トップ。ダイオードなどの半導体素子や抵抗器でも強みを持つ企業だ。こちらも米アップルのサプライヤーであることからiPhone関連銘柄として要注目だ。有名投資家のウォーレン・バフェットがこの機に買いましたことでより注目が高まっており、足元の株価は急上昇している。無線充電関連銘柄としても注目されている銘柄だ。

4112保土谷化学工業
精密化学品を扱う化学メーカー。有機ELをサムスンに提供しているようだ。今後他社と連携を進めることも期待できるだろう。有機ELはスマートフォンのみならず様々なディスプレイにおいて液晶に取って代わる可能性を秘めているため中長期的に注目だ。

■まとめ

新型iPhone関連銘柄は、発表前の今だからこそ非常に過熱感のある銘柄だ。発表結果次第では株価が大きく動く可能性もあるため慎重な見極めを勧めるぞ。注目されている有機EL技術は今後あらゆるディスプレイで普及する期待が高い技術のため、中長期目線で注目しておきたい銘柄だ。

その他にも、注目銘柄ブログで注目テーマ株、個人的に注目している個別銘柄情報を幅広く紹介している。トランプ関連銘柄、フィンテック関連銘柄、VR関連銘柄、ドローン関連銘柄、自動運転車関連銘柄、IoT関連銘柄、人工知能関連銘柄、などに関する情報も日々更新しているので是非チェックくれ!検索サイトで「株番長の注目銘柄」と検索してもらえればブログが読めるぞ。
------------------

執筆者名:株番長
ブログ名:株番長の注目銘柄



《WA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below