Reuters logo
アルトコインが高騰、BTC時価総額シェアは約30pt低下【アルトコイン評価ニュース】
2017年5月15日 / 00:54 / 5ヶ月前

アルトコインが高騰、BTC時価総額シェアは約30pt低下【アルトコイン評価ニュース】


*09:42JST アルトコインが高騰、BTC時価総額シェアは約30pt低下【アルトコイン評価ニュース】
5月以降、仮想通貨市場全体の時価総額が大きく増加している。これは、足元でビットコインの価格が大きく上昇していることと同時に、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨の総称)もその価値を大きく高騰させていることが原因だ。

仮想通貨の時価や発行数などの情報を提供する情報サイト「Coin Market Cap(コインマーケットキャップ)」のデータによれば、2017年3月末の仮想通貨全体の時価総額は約250億米ドルであったが、2017年5月12日現在は約540億米ドルと、わずか2か月余りの間に2倍超の成長を見せている。特に、5月に入ってからイーサリアム、リップル、ライトコイン、ネム、モネロなど、仮想通貨の時価総額ランキング10位に入るアルトコインが軒並み高騰している。

これを踏まえて、仮想通貨市場全体の様相も変貌している。簡単にいうならば、圧倒的なシェアを誇っていたビットコインに対して、他のアルトコインがほんの2か月程度の間に大きく追い上げを見せている状態だ。3月初旬まではビットコインの時価総額が仮想通貨市場全体の85%超のシェアを占めていたのに対し、5月12日現在は55.87%だ。一方で、2番手につけるイーサリアムの仮想通貨市場全体に占めるシェアは3月の7%前後から、5月には一時20%近くまで上昇した。2017年初頭から比べると900%超の価格上昇だ。

ただし、それぞれのアルトコイン価格の高騰の理由は明確にわからないものも多い。イーサリアムのケースでは、技術面の飛躍が大きく期待されるニュースが出ていること、ライトコインでも同様にセグウィットという注目度の高い技術施策の導入というポジティブなニュースがあったことなどが考えられるが、その他は連れ高した感も強い。

ちなみに、現在のイーサリアムのフェアバリューを時価総額と売買代金(流動性)の割合から試算してみると約90米ドルとなり、現在価格の91.83米ドルは妥当な水準と言える。



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below