Reuters logo
欧米為替見通し:ドル・円は続落か、米大統領の弾劾の可能性に警戒も
2017年5月17日 / 08:27 / 4ヶ月前

欧米為替見通し:ドル・円は続落か、米大統領の弾劾の可能性に警戒も


*17:20JST 欧米為替見通し:ドル・円は続落か、米大統領の弾劾の可能性に警戒も
今日の欧米外為市場では、ドル・円は続落の展開が予想される。トランプ米大統領による機密情報の漏洩問題が広がりをみせ、引き続きドル買いが後退しているためだ。一部にはトランプ大統領の弾劾が取りざたされており、警戒によるドル売りが観測される。

トランプ大統領は今月9日、ロシアによる大統領選関与の疑惑捜査中だった連邦捜査局(FBI)長官を電撃的に解任。また、ロシアのラブロフ外相らが前週ホワイトハウスを訪れた際、過激派組織「イスラム国」の関連情報を伝えたと報じられ、政権への対ロ関係に絡む疑念が増幅されている。こうした状況下で、米国内では市民団体「インピーチ・ドナルド・トランプ・ナウ(トランプを今すぐ弾劾せよ)」が100万人規模の署名を集めたもようだ。反逆罪などを犯した大統領は下院で訴追され、上院の弾劾裁判を経て罷免される規定があり、トランプ大統領の弾劾の可能性がにわかに現実味を帯びている。

実際に弾劾まで進む可能性は現時点では低いものの、市場ではそうしたシナリオが想定され始めたようだ。ある短期筋は「トランプ大統領の政権運営の不透明感にとどまらず、任期途中での退陣で市場が混乱するケースも考えられるため、ドル買いを止めている」と指摘。目先の状況によってはドル売りを強めるという。今晩の欧米市場も情報漏洩問題の行方を見極める展開となり、ドル売り先行が予想される。一方、フランス大統領選後の欧州政治リスク後退で相対的にユーロが買われやすく、足元で強含みが目立つ。このためドル・円は下落基調だが、ユーロ・円の上昇が見込まれる影響で、ドルの極端な下げは想定しにくい。(吉池 威)

【今日の欧米市場の予定】
・17:30 英・1-3月ILO失業率(予想:4.7%、12-2月:4.7%)
・18:00 ユーロ圏・4月消費者物価指数改定値(前年比予想:+1.9%、速報値:+1.9%)
・20:00 南ア・3月小売売上高(前年比予想:-1.0%、2月:-1.7%)
・20:00 米・MBA住宅ローン申請指数(先週)(前回:+2.4%)


《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below