Reuters logo
米国株見通し:不透明感の強い相場展開が続きそう
2017年5月18日 / 10:54 / 5ヶ月前

米国株見通し:不透明感の強い相場展開が続きそう


*19:47JST 米国株見通し:不透明感の強い相場展開が続きそう
S&P500先物 2354.50(-3.00) (19:30現在)
ナスダック100先物 5567.75(-13.50) (19:30現在)

19:30時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は弱含みに推移している。また、NYダウは80ドル安程度で推移。欧州市場は全般売りが先行している。原油先物相場は小幅に下落して推移。

17日の米株式市場は大幅に下落。トランプ大統領がロシア外相に機密情報を漏洩したとの疑惑や、ロシア高官との接触が疑われたフリン前大統領補佐官に関する捜査終了をFBIに求めたことなどを巡り、弾劾される可能性が浮上し売りが先行。NYダウは370ドルを超える下落となった。

前日の大幅下落の反動が意識されるものの、グローベックスでは引き続き売り優勢の展開のなか、様子見ムードが強まろう。また、NYダウは警戒していた25日線のほか、75日線を明確に割り込んでおり、75日線が目先の抵抗として意識されてくる。

まずは、政治混乱リスクが和らぐのを見極める必要があるが、ロシアが昨年の米大統領選に影響を及ぼした疑惑を巡るFBI捜査を監督する特別検察官に、ロバート・ミューラー元FBI長官が指名されたという報道も伝えられている。市場は大統領弾劾となった場合の金融市場の反応について予想し始めたとも伝えられる中、不透明感の強い相場展開が続きそうである。また、ムニューシン米財務長官は就任後初の議会証言を行うが、トランプ政権が混迷化するなか、税制改革への期待は高まりそうにない。


《KK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below